楽天ポイントせどり

Amazon販売マニュアル・メルカリアカウント開設方法

Amazon販売マニュアル・メルカリアカウント開設方法について解説します。

1.アマゾンFBA

AmazonのFBA サービス Amazon では、

商品を販売・発送する手間を軽減するために先にAmazon倉庫へ商品を発送しておいて、

購入されたら Amazon が発送手続きを代行してくれるFBAサービスというものがあります。

出品時に商品をAmazon の倉庫へ納品しておくと、その後の受注管理、出荷業務、カスタマーサービスを

Amazon が代行してくれるので在庫を自社で保管する必要がないことや、作業の効率化を図ることが出来ます。

Amazonアカウント登録

ここからは Amazon.co.jpのアカウント作成方法となります。 購入用と出品用2点のアカウントを登録します。

2-1.購入用アカウント登録

Amazonのトップページにアクセスします。「アカウント&リスト」をクリック

「Amazon アカウントを作成」をクリック

上記項目を入力し、「Amazon アカウントを作成」をクリックして 完了します。

以上で購入用のアカウントの登録は完了です。

Amazon.co.jp 出品用アカウント登録について

Amazon で出品するには『出品用アカウント』を登録することになります。

出品用アカウントを作成するために下記のものが必要となります。

・パソコンとネット環境

・住所、代表者氏名

・通話可能の携帯電話番号

・メールアドレス

・クレジットカード

・銀行口座

最低限これだけあれば出品アカウントの開設ができます。

ただしこれは時期によって必要なものが変更されますので、

アカウントを作成しようとしたときにAmazon から求められる書類は全て用意しましょう。

アカウント登録後に本人確認書類の提出が必要になる場合もあるので準備しておきましょう。

 

本人確認に必要な書類は

・有効期限内の顔写真入りの身分証明書 1部

・過去180日以内に発行された各種 取引明細書 1部となります。

 

インターネットバンキングを利用している人は取引明細を PDF 形 式でダウンロードする必要があります。

CSV 形式・Excel の取引明細や入出金履歴のスクリーンショット画像、キャッシュカードでは審査が通らないので注意しましょう。

PDF 形式で取引明細を準備できない場合は、クレジットカードの利 用明細・預金通帳・残高証明書など別の方法で書類を準備しましょう。

⇒本人確認書類の提出について詳細はこちら

Amazon販売小口・大口販売

Amazonには【大口出品者】と【小口出品者】という2つの出品パターンがあります。

大口出品者には、月額の出品手数料と商品が売れたときにかかる手数料がかかります。

小口出品者は月額の手数料がかからない代わりに、1商品ごとに成約手数料がかかってきます。

初めて登録される方が気になるのは、金銭面かと思います。それぞれを比較してみましょう。

[小口出品] 1 点注文毎に 100 円の基本成約料+注文成約時にかかる販売手数料

[大口出品] 月額登録料 4900 円+注文成約時にかかる販売手数料

単純に金銭面だけですと、大口出品は月額 4900 円かかるので、月に50個以上商品を売る場合は大口出品が得で、それ以下は小口出品が得となります。

しかし、大口出品は販売数以外にも売れる環境が小口出品より充実しているので、金銭面だけでなく、その他の要因を加味しても Amazonで商品を売る場合は大口出品サービスを選択するのが無難になります。

Amazonで稼いでいきたければ大口出品をしなければならないと考えておきましょう。

Amazon.co.jp 出品用アカウント登録

Amazon出品サービス 登録ページ→https://services.amazon.co.jp/

さっそく始めるをクリックして登録を進めていきましょう。

Amazon出品大学一覧

⇒Amazon出品ガイドはこちら

⇒出品スタートガイドはこちら

⇒アカウントの健全な運用方法はこちら

⇒商品登録の方法はこちら

⇒1商品ずつの商品登録はこちら

⇒FBA概要はこちら

⇒FBA料金詳細はこちら

⇒FBAシュミレーターの使い方はこちら

⇒FBA納品マニュアルはこちら

⇒FBA発送準備実践編はこちら

メルカリ販売マニュアル

メルカリのアプリをインストール完了していることを前提に説明させて頂きます。

iPhoneを例に図説していきますが、基本操作はandroid版も同様になります。

スマホにインストールされているメルカリのアプリを立ち上げてください。

「メルカリはあなたにプッシュ通知を送信します。よろしいですか?」

というお知らせが表示される場合もありますが、通知が必要な場合はOKをタップします。

通知方法については、アプリの設定画面で変更可能です。

初めてメルカリを起動すると下記のような画面が表示される場合があります。

「次へ」をタップするか、→方向にスワイプしてこの説明画面を終了すればOKです。

↑の画面が表示されたら、「さあ、はじめよう!」という下の部分をタップします。

ここまでの作業を完了すると、↓の画面が表示されて会員登録です。

FacebookやGoogleのアカウントから登録することもできますし、メールアドレスで登録することも可能です。

たとえばメールアドレスで登録を選択しますと、ニックネーム、メールアドレス、パスワード、招待コードを入力できる画面に切り替わります。

ニックネームは、メルカリのプロフィールに表示させる名前です。

メールアドレスは、ログインに使用するアドレスで、もしご自分が出品している商品が売れたり、取り引き中の商品に返信があった場合などにお知らせが届きます。

パスワードも、ログインする際に必要です。

招待コードは任意となっていますが、DPDUVC(ディー(大文字)、ピー(大文字)、ディー(大文字)、ユーー(大文字)、ブイ(大文字)、シー(大文字)

と入力して頂ければ、メルカリで商品を購入する際に1ポイント=1円で利用できる招待ポイントが、300円分もらえるようになっていますので、DPDUVCと入力するとお得だったりします。

メルカリの招待コードについては、あらためて別の記事でも触れますが、招待した側とされた側、双方に300円分のポイントが付与されるのでwin-winです。

上記の項目をすべて入力して、「会員登録」をタップすると、電話番号を入力する画面に進みます。

ご利用のスマホの電話番号を入力して「次へ」をタップすると、ショートメールで暗証番号が送られてきます。

最後にメルカリの画面に送られてきた暗証番号を入力すれば会員登録が完了します。

メルカリの会員登録が完了したら、次はそのまま設定を済ませます。

設定については、メルカリのホーム画面上の「三」をタップ後、↓の画面で行うことができます。

ここからプロフィール、住所、クレジットカード情報を登録することができます。

・プロフィール

・住所

・クレジットカード情報

メルカリで商品を購入したり、出品したりする際にクレジットカード支払いを選択すると手数料が無料になるので何かとお得になります。

プロフィールは、メルカリ内でユーザーさん同士が見れる自己紹介みたいなものです。

挨拶だったり、自分がどんな人なのか?出品する場合は、値下げ交渉についてだったり、発送についてなど、相手にわかってもらいたいことを書くことができます。

住所は、発送先、発送元を入力してください。

クレジットカードは、お持ちのカード情報を入力しますが、必ず有効期限内のものでメルカリに対応している必要があります。

以上で会員登録は完了となります。

会員登録の際は招待コードDPDUVCを是非とも活用してくださいね。

⇒メルカリ販売ガイドはこちら

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。