育児

[育児ブログ]生後1ヶ月赤ちゃんが購入すべき8つの商品とは?

[育児ブログ]生後1ヶ月赤ちゃんが購入すべき8つの商品について紹介します。

生後1ヶ月になってからこれは購入すべきアイテムもあれば、購入したけど使わなかったというアイテムもあります。

これから生後1ヶ月の赤ちゃんのためにアイテムを購入しようと考えている方は、無駄な物を購入しないようにすることをおすすめします。

特に初めての子育ての場合は、あれもこれも買うときりがないので必要最低限のアイテムのみ購入しましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんのミルク作りにはウォーターサーバーの設置がおすすめです。

クリクラは水代・設置費・機械の全てが無料でお試しできます。

ウォーターサーバーを検討している人は今すぐ無料で試してみましょう。

\無料お試しはこちら/
クリクラに無料で申し込む

 

生後1ヶ月赤ちゃんの哺乳瓶(ほにゅうびん)

哺乳瓶は赤ちゃんが産まれる前に用意しておくべき一番のアイテムと言えます。

母乳だけで育てるというように考えていても、急遽面倒見てもらう時などは哺乳瓶は必須になります。

我が家でも母乳だけでなく、哺乳瓶も多く活用しているので、用意しておいて使わなかったというのは絶対にないはずです。

哺乳瓶を選ぶポイントは少し大きめの哺乳瓶を購入すると長く使えます。

新生児までは最低でも140mlが1回の授乳量になるため、小さいものでも問題はありません。

しかし生後1ヶ月以降も使うつもりであれば、200ml以上の哺乳瓶をおすすめします。

生後1ヶ月赤ちゃんのお風呂用ガーゼ

お風呂用ガーゼはお風呂に入るときに、必ず使うアイテムになるので準備をしておきましょう。

ママは入院期間中にお風呂に入れる練習を行い、退院すると自分でお風呂に入れなくてはなりません。(もちろん家族の協力が前提です)

その時に顔付近や首まわりなどをガーゼを使って洗ってあげるのです。

ガーゼは綿100%のもので大きめのガーゼを何枚か使用することをおすすめします。

生後1ヶ月赤ちゃんの紙オムツ

紙オムツはお伝えしなくても必要だとわかるかもしれませんが、赤ちゃんが退院までには準備していおきましょう。

我が家ではいろいろなオムツを試してみましたが、パンパース」が一番のおすすめ商品です。

産婦人科での入院期間中に助産師さんからも推奨された商品なので間違いはないです。

なぜパンパースがおすすめなのかというと「吸収量」が全然違うのです。

特に夜は吸収量が多くないと漏れる可能性が高いので、夜は吸収量の多いパンパースで、昼はお値打ちなメリーズというパターンでも良いです。

オムツは大量に使うためポイントが貯まるネットショッピングで購入することをおすすめします。

わたしはポイントが貯まりやすい、ヤフーショッピングで購入させてもらっています。

生後1ヶ月赤ちゃんのオムツ用パット

オムツ用パットを購入しておくことで、オムツ料金を大幅に節約することができます。

オムツ交換は少しのおしっこでも交換してあげる必要があるので、オムツ交換をこまめに行う必要があります。

オムツの1枚あたりの金額が15円~22円程度なります。

それに比べてオムツパットは1枚あたり8円程度なので、なんと半額以下の値段で1回のオムツ交換を終えることができます。

夜はおしっこの量が多いのでオムツパットのみでの交換では難しいですが、日中はオムツパットの交換だけで問題ありません。

もしオムツ代を少しでも安くしたいと考えている方にはおすすめです。

生後1ヶ月赤ちゃんのよだれかけ

よだれかけは赤ちゃんの授乳の時には必須アイテムになります。

赤ちゃんはミルクを飲むときでも必ずと言っていいほど、こぼしたり吐いたりします。

多少の量がこぼれる程度であれば、よだれかけを新しいものに変えれば良いですが、よだれかけがないと服を全て着替えなければいけない可能性があります。

授乳以外の時はつけていなくても問題ないですが、授乳後にしばらくしてから吐いてしまう赤ちゃんもいるので我が家ではずっとつけています。

1日の洗濯の回数にもよりますが、5枚程度あれば余裕を持って交換して洗濯ができるので準備をしておきましょう。

生後1ヶ月赤ちゃんのおしゃぶり

おしゃぶりは赤ちゃんが口寂しい時や、夜寝ない時などに必要なアイテムになります。

我が家ではおしゃぶりは必須アイテムとして活躍しているので、用意しておいて使わなかったということはないと思います。

実際におしゃぶりを使っている動画を撮影しているので、良ければ参考にしてください。

生後1ヶ月赤ちゃんのおくるみ

おくるみは外出する時や少し寝かしておく時など、あらゆる場面で年中使用できるアイテムになります。

また、おくるみは汚れてしまった場合も手軽に洗濯できるので、赤ちゃんのお世話をするためには超万能なのです。

特に新生児の時は環境に慣れなくて不安で泣いてしまう赤ちゃんもいます。

そんな時は赤ちゃんをおくるみで包んであげるだけで、あかちゃんは安心します。

生後1ヶ月赤ちゃんの粉ミルク

粉ミルクは母乳で育てるという赤ちゃんでも、用意しておくべきアイテムになります。

我が家では母乳とミルクの両方を作っていますが、ミルクがないと母乳が出ない時などに慌てるので必ず準備しておきましょう。

我が家では一番値段が手頃で信頼できる「はいはい」の粉ミルクを使っています。

生後1ヶ月赤ちゃんまとめ

[育児ブログ]生後1ヶ月赤ちゃんが購入すべき8つの商品について紹介しました。

赤ちゃんグッズで何を買うか考えている時は一番楽しい時ですが、無駄なものを買わないように注意しましょう。

特に必要最低限の物を揃えておいて、必要になればその都度購入する方法が良いかと思います。

赤ちゃんの服や肌着はすぐに着れなくなってしまうので、親戚や知り合いからもらう方法もあります。

ちなみに我が家では親戚からベビーベッドからベビー用品をいただいたので、とても助かりました。

今後の育児に少しでも役立てていただけたら幸いです。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ