副業

副業で儲かる2つの方法とは?メリット・デメリットを公開

副業で儲かる2つの方法とは?メリット・デメリットを公開します。

働き方改革で国が副業を推進する時代になりました。

つまり、副業で儲かる方法を知っていないと今後の生活が豊かになりません。

副業で儲かる方法は「労働収入自動収入」の2種類があります。

・労働収入→自分の時間を雇い主に売ってお金にする

・自動収入→自動的に収入が入る仕組みを作ってお金にする

上記のような副業の方法があります。

2つの方法を比べた時にどちらを選びますか?

100人中100人が「自動収入」を選びますよね。

副業で儲かる方法を考えている人は自動収入を増やすことをおすすめします。

自動収入が増えることで将来的に時間とお金に余裕が持てます。

しかし、副業で儲かる方法を考えている多くの人は「労働収入」の方法を考えています。

正社員、公務員、アルバイトとして働いている人が主に労働収入にあたります。

本記事の内容は下記のようになります。(3分で読み終わります)

副業で儲かる方法を考えている方には絶対に参考になる内容になっています。

しばらくの間、お付き合いください。

・労働収入についての説明(メリット・デメリット)

・自動収入についての説明(メリット・デメリット)

・まとめ

まだ何も副業で行動を起こしていない人は下記のサイトを参考にしてください。

副業するには最適なサイトなので、今すぐ無料登録しよう!

副業で儲かる人は労働収入をやらない

「労働収入」とは自分の時間を雇い主に売ってお金にすることを言います。

多くの人は自分の時間を雇い主に提供しているという意識を持つことが大切です。

労働収入のみで生活をしている人は日本の約9割という数字が出ています。

ほとんどの人が労働収入に依存しています。メリット・デメリットを元に解説していきます。

労働収入のメリット

労働収入のメリットは下記のようになります。

・働いた分だけ確実に給料がもらえる

・税金、年金の処理を会社が行ってくれる

・収入が安定している

労働収入の場合は当たり前ですが給料として安定していることが一番のメリットです。

どんなに仕事ができない人でも給料は発生します。(笑)

特に何も考えなくても収入が得られるのは大きなメリットですね。

極論を言うと、その場にいれば給料が発生しますから。

日本は仕事でクビになることはほとんどないですから、仕事できない人は最高の制度かもしれません。

残業代が支給される会社であれば、成果が出なくても給料は発生します。

自分の時間を売っているわけですから。

働いた時間だけ給料が発生するので、労働者は安心して仕事ができるというわけです。

労働収入のデメリット

労働収入のデメリットは下記のようになります。

・働かないと給料が入らない

・給料がなかなか上がらない

・自由な時間が少なくなる

・通勤など無駄な時間が発生する

・人間関係で嫌な人とも付き合う必要がある

・行きたくない飲み会などに行く必要がある

労働収入で収入を得る場合は悩みのネタが尽きなことがデメリットです。

当たり前ですが、自分が働かないと給料は0です。

お金を得るためには自分の時間を提供する以外の方法はありません。

労働収入を全否定するつもりはありませんが、お金と時間が自由にならないことは確実です。

理由は下記の通りです。

・労働時間8時間

・残業1時間

・通勤時間1時間(往復)

※会社に10時間の時間を売っている

労働収入の場合は会社に10時間もの時間を売っていることになります。

残業は少なく計算しましたが、もっと残業している人も多くいます。

労働収入で得られる収入はどんなに頑張っても「限界」があります。

時間的な自由もないため、プライベートの時間も少なくなります。

副業で儲かる人は自動収入が多い

自動収入とは自動的に収入が入る仕組みを作ってお金にすることを言います。

上記でも説明しましたが、お金と時間に余裕がある人は「自動収入」が多いのです。

・お金はあるけど自由な時間がない

・自由な時間はあるけどお金がない

上記に内容だと幸せになる可能性はかなり低くなります。

「お金も時間もなくて悩んでいる」という人も大勢いることでしょう。

まずは自動収入のメリット・デメリットを紹介します。自分の人生を見直すきっかけにしてください。

自動収入のメリット

自動収入のメリットは下記のようになります。

・寝ていてもお金が稼げる

・作業時間が自分で決めれる

・通勤のストレスがない

・給料の上限がない

自動収入のメリットは書ききれないくらいあります。(笑)

結論から言うと「時間とお金を手にすることができる」ということです。

自動収入の仕組みを作ることで、人間関係や仕事を選ぶことができます。

つまり「関わりたくない人」やりたくない仕事」はやらない選択肢を持つことができます。

現在の職場や人間関係に不満がある人は、自動収入を得る仕組みを作るだけでOKです。

自動収入のデメリット

自動収入のデメリットは下記のようになります。

・収入が安定しない

・収益化まで時間がかかる場合がある

・労働収入に比べてリスクが高い

自動収入のデメリットは主に収入が安定しないことで不安があることが挙げられます。

収入が安定しないからこそ「副業」で始める必要があります。

副業から起業につなげることで、起業の成功確率が33パーセント上がることが証明されています。(メンタリストDAIGOさんより引用)

副業で成果を出していないのに、起業することはとても危険行為と言えます。

また、収益化にも時間がかかることもデメリットの一つです。

なるべく早く成果を出したい人は「成果を出している人に教えてもらう」ことをおすすめします。

身近に成果を出している人がいれば迷わず聞いてみましょう。

身近に聞く人がいない場合は有料のスクールに通って勉強すればOKです。

副業で儲かる人のまとめ

副業で儲かる方法とは?2つの方法とメリット・デメリット公開しました。

今後の人生を豊かにするためには「自動収入」を増やすしかありません。

自動収入は一つに依存するのではなく、複数持つことが重要です。

例えば、私で言えば「ブログ」で自動収入を作る仕組みを作っています。

ブログは自動収入になるまで時間がかかります。

しかし、ブログはノーリスクで自動収入の仕組みを作ることができます。

継続さえ出来れば間違いなく仕組みができます。

この記事を読んでくれた方が、今後の人生をより豊かに過ごせるために役立てば幸いです。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ