転職

教員の勤務時間は異常に長い!教員を辞める5つの原因とは?

みなさまこんにちは!

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) です。

教員の勤務時間は異常なまでに長いことで、教員を辞める大きな原因の一つになっています。

教員を辞める原因は他にありますが、厳選した5つの原因を紹介します。

・勤務時間が長い

・仕事量が多い

・休みを取れない

・プライベートがない

・家族の時間を作れない

上記の5つの原因により、教員を辞める人が続出しています。

特に教員は勤務時間の長さが問題視されていますが、改善される様子はほとんど見られません。

教員の勤務時間の改善を待っている間にも、あなたの大切な時間は奪われています。

自分や家族の時間を犠牲にしてまで、教員の勤務時間の長さに耐える必要があるのか疑問です。

自分の環境に満足できていないなら、あなたが行動しないと環境が変わることはありません。

教員の勤務時間が近い将来改善されるのであれば、一般企業のように変化があるはずです。

あなたの環境を良くするためには、教員以外の働く候補を作ることが必要です。

教員しか仕事がないと考えているので、教員以外に自分に合った仕事があれば、どちらの仕事を選べば良いか判断できます。

私がおすすめするのは、マイナビ転職サイトです。

マイナビ転職サイトは無料登録するだけで、求人情報をメール配信してくれます。

自分に合った仕事を、無駄な時間を使わなくても探すことが出来ます。

あなたもマイナビに無料登録をして、良い求人を紹介してもらいませんか?

\無料登録はこちら/
マイナビに無料で登録をしてみる

転職で人気のエージェントとは?おすすめエージェント6選を紹介転職で人気のエンジニアとは?おすすめエージェント6選を紹介します。あなたに最適な転職で人気の転職サイトが選べます。...

教員は勤務時間が長い

教員の勤務時間は一般企業と比べても、長過ぎるという問題があります。

教員の勤務時間が改善されない理由は、教員が勤務時間を短くするように訴えをしないからです。

教員が全面的に勤務時間を短くするように訴えできない状況を、作り上げていることが非常に問題です

・勤務時間の見直しを訴える

・定時帰宅を徹底する

・必要最低限の仕事しかしない

上記のような行動を教員全体が行うことで、教育委員会は早急に対応するはずです。

しかし、現状として教員が訴えを起こす可能性は低いです。

一人で上記のような行動をすれば、やる気のない教員として見られるからです。

教員の勤務時間が長いことで、教育レベルが下がり、これから教員を目指す人も少なくなります。

自分の人生を仕事だけで使いたいという人は良いですが、自分や家族の時間を大切にしたい人は教員という仕事から抜け出しましょう。

教員の勤務時間が長いのは仕事量が多い

教員の勤務時間が長い原因として、仕事量が多いことが挙げられます。

仕事量は就業時間に終わる量が適切と言えますが、明らかに教員の仕事量は時間内に終わりません。

・教科指導

・担任指導

・生活指導

・事務作業

・お金管理

・部活指導

上記のように、教員の仕事量が膨大なため勤務時間内に仕事を終えることは不可能です。

普通の仕事であれば、就業時間内に終わるように仕事量を設定していますが、教員には時間内に仕事を終わらす概念がありません。

残業手当が支給されない状況での残業が当たり前になっています。

仕事量が多くて残業代も支給されない状況で、何の目的で仕事をしているのかわからなくなりますね。

生徒のため、学校のためと言われるかもしれませんが、自分や家族の大切を犠牲にする必要はないはずです。

教員の仕事=家族を大事にできないと言われてもおかしくありません。

教員は勤務時間が長いため休みを取れない

教員は勤務時間が長いため、休みを取ることができません。

休みが取れない状況で、仕事で良いパフォーマンスをすることは不可能です。

仕事に人生を捧げることが目標なら良いですが、自分や家族のことを第一に考えるのであれば休みは必要です。

休みは取らないことが美学という人がいますが、時間管理ができない人ほど仕事時間が長くなります。

長期休みをとって旅行に行くこともできないので、人生が楽しくなくなる人も多くいます。

自分の人生を最優先に考えて仕事をしないと、家族を幸せにすることもできません。

家族を幸せにできない人は、仕事でも上手くいかないため悪循環の連続になります。

仕事を一生懸命やることは大切ですが、休みの大切さを理解する必要があります。

教員は勤務時間が長いためプライベートがない

教員は勤務時間が長いため、プライベートの時間がありません。

プライベートの時間でも、生徒や保護者が周りにいるため、常に教員(仕事)モードでいなくてはいけません。

・運動の時間

・家族旅行

・趣味

・娯楽

上記のように、プライベートでやりたいことは人それぞれたくさんあります。

単純にプライベートが充実していない人生が、本当に楽しいと言えるでしょうか?

毎日仕事に追われて、プライベートの時間がない人生が良いという人は教員に向いていますね。

自分はプライベートが充実していない人生は嫌だ!

という人は教員から抜け出す手段を考えていきましょう。

教員は勤務時間が長いため家族の時間を作れない

教員は勤務時間が長いため、家族の時間を作ることができません。

家族の時間を作れないので、自分の時間を作ることもできません。

教員=他人に人生を捧げると言っても過言ではありません。

自分や家族を犠牲にしてまで、他人に人生を捧げることが必要なのでしょうか?

家族を持つ以上、家族の時間を大切にするのは当然のことです。

実際に家族の時間を十分に取れている教員はどれだけいるでしょうか。

あなたが家族を大切にしたいと考えているのであれば、家族の時間を取れるように努力が必要です。

教員という選択肢以外にも、「仕事」はいくらでもあります。

自分の家族や人生を、もっと真剣に考えて行動しましょう。

教員の勤務時間のまとめ

教員の勤務時間は異常に長い!教員を辞める5つの原因について解説しました。

教員の仕事は客観的に見て、「完全なブラック企業」に当てはまります。

・勤務時間が長い

・仕事量が多い

・休みを取れない

・プライベートがない

・家族の時間を作れない 

上記のように、普通の一般企業では考えられない状況が教員は普通になっています。

他人のために人生を捨てる覚悟があるなら良いですが、家族を持っている人は家庭環境も上手くいきません。

教員も自分のために人生を生きていていくべきなのです。

しかし、現状は教員=他人に人生を捧げることが当たり前です。

自分の人生を本気で変えたい人は小さな行動をしましょう。

私の人生を変えたのはマイナビに無料登録することで、良い求人を探したことがきっかけでした。

人生はたった一度しかないでの、後悔のない人生選択の役立てていただけたら幸いです。

\無料登録はこちら/
マイナビに無料で登録をしてみる

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ