転職

教員が不足する3つの理由とは?実際に辞めた体験談から解説

みなさまこんにちは!

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) です。

教員が不足する3つの理由を、実際に教員を辞めた体験談から解説します。

教員不足になっている、最も大きな理由は下記の3つになります。

・拘束時間が長い

・ストレスが常にかかる

・休日がない

上記のように、冷静に考えてみてもブラックな働き方としか言いようがありません。

私が教員として働いていた時は、下記のような状況でした。

・1日14時間労働

・生徒、保護者対応がストレス

・休日は部活指導

上記のような働き方をしていたのですが、今後の人生に不安を感じて転職を決意しました。

あなたが教員が不足していることを不安に感じているのであれば、正常な考えでしょう。

今後は教員が不足することが予想されます。

教員が不足することで、教員をしている人は更に大変になります。

現状の環境から抜け出したいと考えている人は、新しい生き方を見つける必要があります。

転職で人気のエージェントとは?おすすめエージェント6選を紹介転職で人気のエンジニアとは?おすすめエージェント6選を紹介します。あなたに最適な転職で人気の転職サイトが選べます。...

結論から言うと、大手転職サイトのマイナビに無料登録することをおすすめします。

扱っている案件の多さや、大手ならではの安心感があります。

\3分で登録可能!良い求人が盛りだくさん/
マイナビに無料で登録をしてみる


教員が不足する理由は拘束時間が長いことが原因

教員が不足する理由は、拘束時間が長いことが最も多い原因です。

実際に、私が教員をやっている時と、現在の会社での拘束時間は約2倍になります。

・休日教員→14時間拘束

・会社→ 8時間拘束

上記のように、拘束時間が長過ぎるということは、転職するまで気づくことはありませんでした。

理由は、教員という働き方以外を知ることがなかったからですね。

教員以外の働き方を知る

教員以外の働き方を知ることで、自分のためだけでなく、生徒のためにも活かすことができます。

生徒の中にも、将来に漠然とした不安を抱えることが多いです。

大人でも不安に感じることがあるので、生徒の不安っを解決する知識としても必要になります。

仕事を頑張らない方が幸せになる?理由+方法をセットで解説仕事を頑張らない方が幸せになる!?理由+方法をセットで解説します。あなたが幸せになるための手順がわかります。...

自分や家族の幸せを最優先にする

自分や家族の幸せを最優先できない仕事は、続けるべきではないと断言できます。

あなたの幸せは、仕事の時間と自分や家族の時間のどちらを増やすことですか?

明らかに、後者の「自分や家族の時間」が大切ですよね。

生徒のために時間を使うのも良いですが、自分や家族の時間を最優先に考えましょう。

教員が不足する理由はストレスが常にかかることが原因

教員が不足する理由は、ストレスが常にかかることが原因です。

教員がストレスを多く感じることは、下記のような状況です。

・生徒を最優先する対応

・保護者を最優先する対応

・生徒のために時間を使う

上記のように、常に生徒や保護者のことを考えないといけないので、ストレスがかかり続ける状況です。

ストレスが増える=うつ病になる可能性が高くなるので、ストレスフリーな生き方をおすすめします。

自分らしく生きる方法

自分らしく生きることで、毎日の人生が幸せになります。

以前の私は、常に人のことばかり考えていたので人、生がつまらないと感じていました。

・常に周囲の目を気にする

・常にどう思われるか考える

・常に自分を良く見せようとする

上記のような生き方を続けていると、疲れてストレスが溜まります。

人生も面白くないので、何をやるにしてもやる気が起こりません。

自分らしく生きることで、あなたらしい楽しい人生を送ることができます。

教員が不足する理由は休日がないことが原因

教員が不足する理由は、休みがないことが原因です。

単純に考えてみても、休みがない労働環境は異常であると断言できます。

私の教員時代に休日は、下記のような過ごし方でした。

・部活動の練習

・部活動の練習試合

・部活動の大会引率

上記のように、休む日はほとんどないまま、月曜日の朝を迎える日々でした。

私は単純に自分の休みが欲しかったので、教員を辞める決断ができました。

休むことをしないと身体に異変が起きる

教員をやっている時は、休む大切さを全くわかっていませんでした。

私が考える、休む大切さは下記のようになります。

・体調管理ができる

・運動する時間を作れる

・自分の趣味の時間を作れる

・家族の時間を作れる

上記のように、休む=自分の健康と家族を大切にすることになります。

仕事を休むことができない人は、健康管理も家族も大切にできない人だと考えるべきでしょう。

私は自分の健康と家族が大事なので、教員を辞めることで幸せを手に入れることができました。

何かを手に入れたい場合は、何かを辞めなければ手に入りません。

教員が不足する理由まとめ

教員が不足する3つの理由について、実際に辞めた体験談から解説しました。

自分の環境を変えたい時には、何かを始めることも重要ですが、今やっていることを辞めることも必要です。

・残業を辞める

・部活指導を辞める

・人の目を気にすることを辞める

上記のように、辞めることを明確にすることで、新しいことを始める時間ができます。

新しいことは、転職活動や副業など自分が成長できる時間に活用するのがおすすめです。

本記事を読んでくれた人が、今後の人生選択のきっかけになってくれたら幸いです。

私も実際に登録していた、大手転職サイトのマイナビに無料登録することをおすすめします。

扱っている案件の多さや、大手ならではの安心感があります。

\3分で登録可能!良い求人が盛りだくさん/
マイナビに無料で登録をしてみる



それでは今回はこの辺で。

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) でした。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ