転職

【体験談】転職をする時に有給消化を確実に行う3つの方法

みなさまこんにちは!

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) です。

転職をする時に有給消化を確実に行う方法を、体験談から解説します。

転職する前に有給消化を確実に行う3つの方法は、下記のようになります。

・有給日数を確認する

・有給取得日を確認する

・有給を申請する

上記のような手順で、転職する前に有給消化を確実にしていきましょう。

転職をする際の、有給消化は時間とお金を確保することになります。

時間とお金を確保することは、今後の人生選択でとても重要になります。

有給消化をすることで、転職を有利な状態で進めることをおすすめします。

転職で人気のエージェントとは?おすすめエージェント6選を紹介転職で人気のエンジニアとは?おすすめエージェント6選を紹介します。あなたに最適な転職で人気の転職サイトが選べます。...

結論から言うと、大手転職サイトのマイナビに無料登録することをおすすめします。

扱っている案件の多さや、大手ならではの安心感があります。

\無料登録はこちら/
マイナビに無料で登録をしてみる


転職する前に有給消化の日数を確認する

転職する前に、有給日数が何日間あるのか確認をしておきましょう。

有給日数は勤務期間や就業規則で変わってくるので、現在の自分の状況を確認しておきましょう。

・有給40日→有給消化中に転職

・有給30日→有給消化中に転職

・有給20日→内定後に有給消化

・有給10日→内定後に有給消化

上記のように、有給日数によって転職活動の方法が変わってきます。

有給日数が多い場合は有給中に転職活動も可能

有給日数が多い場合は、有給消化中に転職活動をすることも可能です。

有給消化中に転職活動をすることで、時間を有効活用することができます。

・冷静に転職活動ができる

・自分のペースで転職活動ができる

・家族と相談する時間ができる

上記のように、あなたの自由な時間を有効活用することで、転職活動が確実に成功へ近づけることができます。

転職活動で最も注意が必要な状態は、焦って転職活動をしてしまうことです。

焦って転職活動をしても、メリットはゼロなので冷静な状況になる環境作りが大事になります。

有給日数が少ない場合は内定後に有給消化がおすすめ

有給日数が少ない場合は、内定後に有給消化をすることをおすすめします。

・転職後の疲れを取る

・安心した気持ちで旅行に行く

・転職先の準備をする

・環境の変化に伴う手続きをする

上記のように、内定後に有給消化をするメリットは数多くあります。

内定後に有給消化をすることで、次の職場で仕事をするモチベーションにもつながります。

転職で悩んでいる人の多くは、現在の職場で精神的にも体力的にも消耗している可能性が高いです。

精神的にも体力的にも万全な状態で次の職場に行くことで、新たな環境で成功することもできます。

転職する前に有給消化の取得日を確認する

転職をする前に、有給の取得日を確認するようにしましょう。

有給の取得日は下記のように、就業規則で規定されています。

・4月1日入職→3月31日有給取得

上記のように、有給の取得日はいつになっているか確認しましょう。

有給の取得日は入職した日と、就業規則で決まっています。

最近では、アルバイトでも一定の時間働くことで、有給の取得が可能になっています。

有給の取得日から考えるポイント

有給の取得日から考えるべきポイントは、下記のようになります。

・有給を取得日を目安に辞める

・有給取得日が先ならすぐ辞める

上記のように、有給の取得日から仕事をいつ辞めるべきかを考えることができます。

仕事を辞める時期によっては、もう少し続けるだけで有給が取得できる場合もあります。

休みは必要ないと言う人もいますが、1日労働で1万円としたら、1万円をいらないという人はいないですよね。

時間=お金になるので、自分の大切な時間は有効活用しましょう。

転職する前に有給消化の申請する

転職をする前に、必ず有給消化を行いましょう。

会社に悪いと考えて、有給を残して辞めることで得をするのは経営者だけです。

自分や家族のことを第一に考えるのであれば、有給消化はやるべきです。

・家族との時間を作る

・自分の趣味の時間を作る

・旅行に行く

上記のように、時間があれば自分のやりたいことができます。

仕事をしている時は、自分や家族の時間を作ることが難しいことが多いですが、有給消化中は時間があり余ります。

仕事をする時間も大切ですが、休む時間はもっと大切になります。

有給の申請を確実にする方法

有給の申請を確実にする方法は、下記のようになります。

・有給の取得を断言する

・書面のみで有給申請をする

上記のように、何が何でも有給は申請して取得しましょう。

有給を取得できない人の典型的な申請方法は、下記のようになります。

・有給を取得できる日を確認する

・有給をすて良いか確認をする

上記のように、会社側に有給を取得する決断をさせる言い方NGでし。

会社がどうかではなく、自分がどうしたいのかを伝えましょう。

会社は有給を取得を拒否することはできませんので、はっきりと有給を取得するように申し出ることをおすすめします。

転職する前に有給消化する方法まとめ

転職をする時に有給消化を確実に行う方法を、体験談から解説しました。

有給消化ができるかどうか悩んでいる場合は、自分がどうしたいのかをはっきりさせることが必要です

会社側から有給消化をしてから辞めるようにとは、おそらく言わないでしょうからね。

本気で自分の環境を変えるのであれば、時間とお金は絶対に必要です。

今後の人生の選択肢のきっかけになれば幸いです。

転職で人気のエージェントとは?おすすめエージェント6選を紹介転職で人気のエンジニアとは?おすすめエージェント6選を紹介します。あなたに最適な転職で人気の転職サイトが選べます。...

私も転職する時に登録していた、大手転職サイトのマイナビに無料登録することをおすすめします。

扱っている案件の多さや、大手ならではの安心感があります。

\無料登録はこちら/
マイナビに無料で登録をしてみる


 それでは今回はこの辺で。

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) でした。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ