仕事術

会社が理不尽と感じる人へ!評価される5つの方法とは?

会社が理不尽と感じる人へ!評価される5つの方法について紹介します。

仕事をする上でただ淡々と毎日同じ仕事をしているだけでは面白くないですよね。

誰かに認めてもらいたいと誰もが考えます。

会社が理不尽だと考えている方や、副業を考えている方は下記のサイトに無料登録してみましょう。

キャリアスタートは転職を考えている人におすすめのサイトです。

Bizseekは空いた時間に副業をするサイトになります。

どちらも登録無料なので、まずは登録してみましょう。

なかなか上司に自分の気持ちを理解してもらえないものです。

自分は仕事を頑張っているのに評価をしてもらえないと悩んでいる人は非常に多いです。

職場で上司に評価してもらうには当たり前ですが、どうやったら上司に評価されるか知る必要があります。

多くの人は上司の評価するポイントを勘違いしている例は次のようになります。

・見当違いなことに時間と労力を使う

・求めていない仕事を一生懸命する

上記のように人が求めていない仕事をする人は上司から評価されることはありません。

具体的に自分の行動を変える方法を解説していきます。

不動産投資で収益を出す方法もおすすめです。

下記より資料を無料で請求できるので、不動産投資について勉強しましょう!

 

\無料資料請求はこちら/
不動産投資無料資料を注文する

会社が理不尽でも態度を変えない

会社で評価してもらうためのポイントとして、上司に対しても同僚に対しても基本的には態度を変えてはいけません。

自分を評価してほしいと思っている人は上司には仕事をしているように見せて、上司がいない時には仕事をしない人がいます。

また、上司と同僚に明らかに態度を変える人は同僚から評判が悪くなり、やがて悪い評判は上司へ情報として入っていきます。

第三者からの情報は上司にとってはとても有力な情報として認知されます。

むしろ上司の前よりも同僚や後輩の評価の方が重要と言えます。

上司から信頼を得れる人というのは信頼を得る方法を熟知しているので、間違っても同僚に強い態度をとることはありません。

会社が理不尽でも仲間に誠意のある言動をする

上記の内容と重複する部分がありますが、同僚や後輩に誠意のある行動をすることが評価してもらえるポイントと言えます。

もし同僚や後輩と良く揉め事をしたり、上から目線のような態度をとったりと誠意のない行動をとると職場に馴染めない人として評価をされます。

上司は部下を管理していかなくてはいけませんので、余計な揉め事をしたり協調性のない人については良い評価をするわけがありません。

いかに同僚や後輩と協力して業務を円滑に行うことが大切なのかがわかります。

会社が理不尽でも自分の考えを述べる

会社や上司の方針よりも、自分の考えを全面に出してしまう人上司から評価されません。

まず会社というのはある程度の方針があって、会社の方針に従って上司が部下を管理します。

その管理している部下が会社の方針や上司の方針よりも自分の考えを通そうとするような人であれば、上司にとってこれ以上にない扱いにくい人材言えます。

自分の考えで会社を良くしたい気持ちや考えを持つことはとても素晴らしいことです。

しかし、上司から評価をしてもらいたいと思うのであれば自分の考えよりも会社がどうしたいのかが重要です。

会社が理不尽でも誰でもできることを行う

誰がやるか決まっていない仕事を率先して行うとは高評価をもらえる可能性が高いです。

職場の仕事分担の中には誰がやる仕事か決まっていない仕事が多くあると思います。

例えばプリンターの用紙の補充であったり、ゴミ捨てであったりと誰かがやってくれたら助かる業務はたくさんあります。

その仕事を率先してしかも自分のやるべき仕事もやっていれば、二重で上司から評価してもらえます。

それは上司の前よりもむしろ第三者から、○○さんはいつも率先してこの仕事をしてくれていますねと言われるようになれば儲けものです。

上司の前だけ率先して仕事をやると、99パーセント上司の前だけしか仕事をしない人と陰口を言われるので注意が必要です。

会社が理不尽でも上司に相談をする

仕事をしていると上司に○○をお願いしなくてはいけないということがでてきます。

例えば自分の抱えている仕事を上司にお願いするとします。上司に仕事をお願いするのは言いにくいものです。

改善策として「お願いする」→「相談する」に思考転換しましょう。

相談するように話すには以下のように話しましょう。

「少しお時間よろしいでしょうか?」

「相談せていただきたいことがありまして・・・・・・」

というような形で話をもっていくことがベストなのです。

なぜかというと相談するということは最終決定は上司や会社が決めることなので必ずしもYESという返答が返ってくるわけではありません。

万が一NOと言われたとしても部下から相談をされるというのは上司からしたら悪い気はしません。

むしろ部下から相談されるということは上司からしたら嬉しいことなので是非何かお願いをする場合は試してください。

会社の理不尽対策まとめ

司からの評価を得るためには自分が評価されたいと全面にアピールするのは厳禁です。

むしろ上司に評価されるポイントを抑えておいて、スピーディーかつ丁寧な仕事をしていれば自然と評価してくれます。

何か商品を買う時でも買って欲しい思いを全面に出されたら買いたくなくなるのと同じ心理になります。

まずは自分の仕事ぶりを見直して行動を変えることからスタートしてみましょう。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ