育児

生後6ヶ月で海外旅行(韓国)に行きました!初めての飛行機デビュー

生後6ヶ月で海外旅行(韓国)に行ってきました。産まれてから初めての飛行機も同時にデビューしました。

本記事で紹介する内容は、下記のようになります。

・旅行に持っていく物

・飛行機での注意点

・実際の日程表と改善点

上記の内容を解説していきますので、生後6ヶ月で旅行を考えている人は是非とも参考にしてください。

結論から言うと、生後6ヶ月で海外旅行に行くことはメリットが多いと感じました。

・旅費は実質ゼロ

・ミルクがあればなんとかなる

・抱っこで移動が可能

上記のような理由から、我が家では生後6ヶ月で海外旅行を決意しました。

うちの子は生後6ヶ月だから、まだ旅行には行けないと考えていませんか?

事前に準備や情報収集しておけば問題ないので、計画してみるといいですよ。

生後6ヶ月の赤ちゃんの旅行に持っていく物

生後6ヶ月の赤ちゃんを連れて行く場合の、持っていく物は下記のようになります。

・パスポート

・哺乳瓶2本

・ミルクの粉末

・紙オムツ

・おしりふき

・おしゃぶり

・おもちゃ2個

・着替え

上記の荷物を、最低限の量で持って行きました。

もし、足りなくなるような事があれば現地調達すれば良いかなと考えていたので。

結果的に、荷物は最小限でOKだったので現地調達を考えておくことは考えておきましょう。

着替えは下着だけで現地調達がおすすめ

子供用の着替えは下着だけで、現地調達で服を買おうと考えていました。

最悪の場合も、ホテルに洗濯機&乾燥機があったので安心でした。

海外旅行=買い物をする=荷物が必ず増える!ということを考えて着替えも最小限にしました。

旅行先が韓国だったこともあり、子供服は安くでかわいい物がたくさんあったので荷物は少なめで良かったです。

ミルクの粉末は持参した方が良い

ミルクの粉末は、日本から必ず持参した方が良いなと感じました。

韓国にもミルクの粉末は売っていましたが、どのメーカーが良いかわからないし子供に合わなかったら大変なので。

ミルク用の水も日本から持って行きましたが、韓国でも購入できるので持って行く必要はなかったですね。

国内旅行であれば、どこでも購入できるのでミルクの粉末も最低限でOKですよ。

生後6ヶ月で飛行機を旅行で使う注意点

初めての体験となるのが、飛行機での移動でした。

結論から言うと、下記の項目に注意しておけば問題なしです。

・離陸前にミルクを飲む

・好きなおもちゃを用意

・オムツ等の最低限の持ち物を用意

上記の項目を注意しておけば、問題なく飛行機の移動は乗り切る事ができます。

ちなみに、飛行機で泣くかもしれないという心配をしても「どうしようもない!」というのが答えです。

私の場合も、飛行機で泣いてしまいましたし泣かない方が奇跡!と思っておくと良いかもです。

泣いてしまうことも視野に入れながら、泣きやます方法も用意しておくことが大切です。

赤ちゃんは耳抜きができないので離陸前に授乳がおすすめ

赤ちゃんは耳抜きができないので、離陸前に授乳をすることをおすすめします。

授乳のタイミングを合わせるのは難しいので、できれば合わせるくらいの気持ちでもいいです。

実際に、離陸のタイミングで授乳をしたことで泣くことはなかったので実践する価値はありますよ。

生後6ヶ月の赤ちゃんとの旅行日程と改善点

生後6ヶ月の赤ちゃんとの旅行日程は、下記のように設定しました。

1日目

・09:00~空港から韓国へ

・11:00~韓国へ到着

・12:00~ホテルへ移動

・14:00~市場で買い物

2日目

・10:00~デパートで買い物

・12:00~デパートでランチ

・14:00~他のデパートでタクシーで移動

3日目

・10:00~デパートで買い物

・13:00~市場で買い物

・18:00~空港から日本へ

・20:00~日本帰国

ざっくりですが、上記のような日程で旅行に行きました。

7月中旬に旅行に行ったこともあり、現地はとても暑かったので厚さ対策は必須だと感じました。

2日目は特に暑かったので、タクシー移動とデパートの買い物を多くすることで対策することができました。

初めての海外旅行の改善点

初めての海外旅行でしたが、いろいろとトラブルも合ったのでまとめてみます。

・赤ちゃんの休むスペースを調べる

・ベビーカーの貸出し場所を調べる

上記の項目は国内でも海外でも、しっかりと調べておくと良いと感じました。

特に海外では、日本と違って赤ちゃんのための配慮が少ないので注意が必要です。

韓国の場合だと、大きなデパートの中には赤ちゃんのための設備は整っているので長時間の買い物には最適でした。

デパートで買い物しつつ、市場へタクシーで移動するのがおすすめですね。

生後6ヶ月の海外旅行まとめ

波乱万丈な海外旅行になりましたが、勇気を出して計画して良かったと感じました。

正直、生後6ヶ月で海外旅行を経験したら国内旅行はどこでも行けますよ。

海外旅行の場合は、子供のパスポート申請の必要もあるため手間と時間が必要になります。

しかし、昔と違って海外旅行の費用は安くなっていますし移動時間も短縮されています。

国内旅行にお金をかけるよりも、海外の方が安く済む場合も多いです。

・交通費往復→50,000万円

・ホテル代→12,000円

合計62,000円です!

上記のように、海外旅行と言っても費用はとては安く行くことができます。

赤ちゃんを連れての旅行は大変さもありますが、家族での時間は一生の宝になります。

今後の赤ちゃんを連れての家族旅行に、少しでも役立てていただけたら幸いです。

それでは今回はこの辺で。

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) でした。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ