投資信託

海外投資でドルの積立をする5つのメリット!税金対策になる方法

海外投資でドル積立をする5つのメリットを紹介します。

海外の積立投資に興味あるけど、何もわからないから怖い!という方の悩みに対してお答えしていきます。

・全て日本語の対応をしてくれる

・国内よりも年利が高い

・複利効果が得られる

・贈与税が一切かからない

・ドルを所有してリスク分散できる

上記の5つのメリットがあることから、海外投資でドル積立を始めました。

元々は、国内の投資信託をやっていましたが海外の方がメリットが高いと判断して乗り換えました。

積立投資は国内であれ、海外であれ将来のためにはしておくべきでしょう。

国内なら低額投資は可能ですが、海外は基本的に投資金額は安くても1万円からになります。

今回運用を始めた商品も、毎月300ドル(約3万円)からのスタートになるので金額的には高いと感じる方も多いはず。

それでも将来のために、積立投資をやりつつ急な出費にはお金を引き出すことができるのが海外運用するおすすめポイントです。

海外の積立投資をする前に詳細をお伝えします

海外で積立投資をするための、詳細をお伝えします。

・毎月300ドルが最低設定金額

・5年~30年で運用期間を選択

・ファンドを選択する

・30ヶ月後はお金の引出し無料

・30ヶ月後は積立停止が無料

上記のように、最初は「積立金額・運用期間・ファンド」の3つを選んでいきます。

ご家庭の経済状況や、積立開始の年齢や、リスクをどこまで取るかなどを総合的に判断して決める必要があります。

・普通のサラリーマン→300ドル積立

・30歳から開始→運用期間30年に設定

・ファンド→ブラックロックを選択

上記のような設定にしているので、自分に合った運用方法を選択することをおすすめします。

私は普通のサラリーマンなので、300ドルの積立が限界ですが金銭的に余裕がある人は金額設定を上げても問題ないです。

私も金銭的に余裕が出て、運用状況が良ければ金額を上げていくつもりです。

運用期間についても、30年間に設定することで私の場合だと60歳で満了になります。満了になる年齢を想像して決めると良いかもです。

万が一、自分が亡くなった場合も運用を家族に引き継ぐこともできるので安心してください。(詳細は下記にて説明)

30ヶ月後はお金の引出し・積立停止が無料になる

30ヶ月後はお金の引き出し・積立停止が無料になります。

海外でも国内でも積立投資をする場合は、いつでもお金を引き出せる状態になるかどうかは非常に重要な問題になります。

なおかつ、いつでも積立停止ができるかどうかも考えなくてはいけません。

海外で積立投資をする大きなメリットは、運用しながら急な出費の際はお金を引き出すことが可能なことです。

日本の場合だと、運用中にお金を引き出すことができない事が多く、60歳まで引出しすることができない商品などは大きなリスクになります。

海外積立投資の5つのメリット紹介

海外積立投資の5つのメリットを紹介します。日本と比べても大きなメリットがあるので参考にしてみてください。

全て日本語の対応をしてくれる

まず最初に、全て日本語での対応をしてくれるので「海外」という不安は解消されます。

契約書類は日本語訳がある状態なので、非常にわかりやすいです。

電話で詳細を確認したい場合でも、日本語で対応してくれるので安心できます。

国内よりも年利が高い

国内で運用するよりも、海外の方が年利が高いです。

国内であれば3%くらいあれば良い方でしょうか?

海外では、軽く10%や20%を超える年利が山ほどあります。

もちろん海外もリスクはありますが、日本で運用する場合でも同じことが言えます。

日本の特性と、海外の特性を理解しや上でどちらを選択する方が良いか判断する必要があります。

複利効果が得られる

海外の積立投資は複利効果が高いため、長期間運用することで大きな利益になります。

私は30年間の積立投資を開始していますが、10年後・20年後は大きな複利効果で利益が跳ね上がると予想が出来ます。

贈与税が一切かからない

海外の場合だと、贈与税という概念がないため資産の受け渡しに一切税金が発生しません。

・妻に万が一の時は資産を残したい

・自分が万が一の時は子供に資産を残したい

上記のような理由から、海外の積立投資を始める人が大勢います。

私の場合も、妻と娘の3人家族なので資産を渡す時に税金はなるべく払いたくはありません。

海外の積立投資であれば、資産の受け渡しに税金が発生しないため安心ですね。

ドルを所有してリスク分散できる

ドルを所有することで、リスクを分散することができます。

・円高になるリスク

・円安になるリスク

上記のリスクを回避するためにも、ドルを所有することは非常に大切です。

ただし、投資初心者がいきなりレート見て投資をしても失敗します。

毎月の積立投資をやりつつ、ドルの変動に惑わされないためにも毎月積み立てをすることをおすすめします。

海外の積立投資まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

すでに国内の投資信託などで運用している人は、海外の資産運用を視野に入れていくことをおすすめします。

国内よりも海外に目を向けることで、確実にメリットの大きい商品に巡り合うことができます。

お金に不安のある生活から脱出するためにも、是非とも海外の積立投資について勉強してみてください。

それでは今回はこの辺で。

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) でした。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ