節約術

固定費削減のためにやった5項目!できることからチャレンジしよう

固定費削減のためにやった5項目を紹介します。できることからチャレンジしてみましょう。

・賃貸の価格を下げる

・格安スマホにする

・食材の購入をネットにする

・PayPayで支払いをする

・引き落としはクレジット払いにする

上記のように、固定費削減のためにさまざまな工夫と行動をしてきました。

お金に余裕のある生活をしていくためには、「固定費削減」は最優先で考えていかなくてはならないでしょう。

全てを一気にやろうと考えなくても大丈夫です。

自分ならこれは良いかも!感じたことから固定費削減のために少しずつ行動していきましょう。

固定費削減のために行った5項目を紹介

固定費削減のために行った5項目を紹介していきます。

自分に合った固定費削減の方法を是非とも真似してもてください。

固定費削減のために賃貸の価格を下げる

賃貸の価格を下げることが、固定費削減にはかかせません。

賃貸を大幅に下げるためには、下記のようにするといいですよ。

・シェアハウスをする

・安い賃貸に引っ越す

・実家で暮らす

上記の方法なら、賃貸を下げることができますね。

実家で暮らすことができれば費用はゼロにできますが、現実的ではない人も多いはず。

安い賃貸に引っ越しをするか、「シェアハウス」をする選択肢も考えていった方が良いです。

日本ではメジャーではありませんが、海外ではシェアハウスで家賃を少なくすることが一般的に行われています。

お金に余裕ができれば、引っ越すのもありなので「シェアハウス」の金額を参考にしてみるといいですよ。

\3分で登録可能!最安値の賃貸が探させる/
オークハウスのシェアハウスを見てみる

固定費削減のために格安スマホにする

固定費削減のために、最も手軽にできるのが「格安スマホ」に変えることです。

 

○ソフトバンク○

・私→月8,000円

・妻→月8,000円

・ソフトバンク光→4,000円

・合計→2万円

○Yモバイル○

・私→月1,500円

・妻→月1,500円

・ソフトバンク光→4,000円

・合計→7,000円

上記の通りですが、格安スマホに変えたことで大きく固定費を削減することができました。

毎月13,000円の余裕があれば、かなり家計は楽になりますよね。

解約手数料を考えても、2ヶ月もあれば取り返すことができます。

格安スマホを考えている人は、早めに変えてみるといいですよ。

\破格の料金プラン!今のスマホがそのまま使える/
ワイモバイルで料金を下げてみる

食材の購入をネットにする

食材の購入をネットで完結してしまう方法を使うことで、無駄な買い物をなくすことができます。

・商品を買う時間の短縮

・無駄な買い物がなくなる

・週1回の買い物を一気にする

上記のように、買い物を週1回に済ませることで無駄な出費を削減することができます。

特に子育てをしている人には嬉しいサービスですね。

\食材を配達してくれる!無添加食材のみ/
コープ食材の資料を無料でお願いしてみる

固定費削減のためにPayPayで支払いをする

現金で支払いをしているものに関しては、「PayPay」支払いにすることで多くのメリットがあります。

・支払う手間がない

・ポイント還元率が高い

・現金を持ち歩く必要がない

・スマホのアプリで完結する

上記のように、普段の支払いをPayPayにすることで大きなメリットがあります。

最近では、ヤフーショッピングの支払いもPayPayを利用してポイントを還元してくれます。

今後、ますます現金支払いがなくなるので早めに「PayPay」を使いこなしてくださいね。

参考記事→現金払いのメリットはゼロ?クレジット&電子マネーにするべき3つの理由

\3分で登録可能!今なら1,000円入金される/
PayPayで電子マネー決済を始めてみる

固定費削減のために引き落としはクレジット払いにする

固定費削減のために、毎月の支払いを「クレジット」で完結できるようにしましょう。

・光熱費(電気・水道・ガス)

・家賃

・携帯代

・保険代

上記のように、毎月の支払いは全てクレジットにすることでポイントとして還元されます。

クレジットのポイント還元は、正直自分が使いやすくて年会費が無料ならどこでもいいですよ。

私は、イオンが好きなので「イオンクレジット」で毎月支払いをしています。

貯まったポイントは、WAONに還元して支払いができるのでお得ですよ。

\無料登録こちら/
イオンカードを無料で作成する

固定費削減で注意すべきこと

固定費の削減で注意してもらいたいことを紹介します。

・激安セールでまとめ買いする

・食費を極端に下げる

・安売りの店舗を何件もまわる

上記のように、間違った固定費削減の方法には注意が必要です。

実はほとんど意味がなかったり、逆に損をしている可能性もあるりますよ。

激安セールでまとめ買いをしても固定費削減にならない

間違った方法の典型として、激安セールで大量買いしてしまうケースですね。

どんなに安い商品でも、「必要な物を必要な数だけ購入する」というルールを持つことが大切です。

実際に、安く買ったけど普段よりも多く使ったり、結局使わなかったら無駄になります。

保管するのも大変なので、無駄な買い物は避けるべきでしょう。

食費を極端に下げると健康状態が悪くなる

食費を極端に下げることで、健康状態を悪くして病院に費用がかかる可能性があります。

・もやしだけの生活

・ジャンクフードばかりの生活

・朝ご飯を食べない

上記のように、短期的に見ると固定費削減かもですが健康が保てなければ長期的に見たらマイナスですよね。

ご飯は栄養のあるものを食べて、なおかつ贅沢をしない方法が一番です。

健康状態を悪くしてまで、固定費を削減することは辞めましょう。

安売りの店舗を何件もまわっても固定費削減にならない

安売りの店舗を何件もまわって、安い商品を購入してもあまり意味がありません。

・移動費が発生する

・無駄な時間がかかる

・ネットで完結した方が安い

上記の通りですが、最近はネットで購入できない商品はほとんどありませんよね。

食材にしろ、家電にしろ、日用品にしろ何でもネットで安く購入できます。

ネットで買うor近くのスーパーや薬局で購入した方が効率的ですよ。

固定費削減の方法まとめ

固定費削減のためには、「正しい方法」を選択できるかどうかが大切です。

多くの人は、無駄な節約をして固定費削減が全くできていないのです。

・お金がない→家賃は高い

・お金がない→携帯は大手キャリア

・お金がない→現金しか使わない

上記のように、固定費削減のために最優先しなくてはいけないことができていない場合がほとんどです。

理由としては、「情報を知らない」からですね。情報を知ろうとない人も多くいます。

情報を知らないと損をすることはあっても、得をすることはありません。

自分から、固定費削減のための情報を勉強して行動に移すことが重要です。

実際に行動をするかしないかは自由なので、自分にとって最も良い選択をしてくださいね。

今回は以上となります。

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) でした。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ