転職

低学歴から仕事を探す方法とは?就職するまでの5つのステップを紹介

低学歴から仕事を探す方法を、就職するまでの5つのステップとして紹介していきます。

・求人情報を見る

・Web履歴書を作る

・職務経歴書を作る

・求人に応募する

・面接試験を受ける

上記のように、仕事を探していけば低学歴と悩んでいる人も自分に合った職場が見つかります。

最近では、学歴を重要と考えではなくて「人間性」を重視している場合が多いです。

低学歴でも仕事を素直に行ってくれる!

低学歴でも一生懸命仕事をやろうとする!

などなど、人間性を見られて採用される場合が多いです。

本記事では、就職するまでの流れ&自分の人間性を良くする方法(良く見える方法)について解説していきます。

3分程度で読み終わるので、しばしお付き合いください。

低学歴から仕事を探す方法とは?就職するまでの5つのステップを紹介

低学歴の人が仕事を探す場合は、大きく分けて5つのステップを踏んでいきましょう。

求人を他の人よりも多く見る

求人を他の人よりも多く見ることは、転職を成功させる上で最も重要ポイントです。

・自分に合った仕事が見つかりやすい

・求人の比較ができる

・やってみたい仕事が見つかる

上記の通りですが、求人を見る回数が少ないと転職で失敗する可能性は高いです。

求人を見るのに慣れてきたら、徐々に求められてる人材が自分に近い仕事を探せるようになります。

・未経験でも応募可能

・仕事をイチから丁寧に教える

・未経験からの転職者が多い

上記のように、低学歴&ノースキルでも「人間性」を評価してもらえる環境を選んでみましょう。

もしかしたら、最初は給料が低いかもですが経験を積んでキャリアアップしていけばOKです。

Web履歴書を作ろう

ある程度、自分が応募してみたい求人を絞ったらWeb履歴書を作っていきましょう。

・氏名

・住所

・学歴、職歴

・資格

・自己PR

上記のように、項目を埋めていけばOKですよ。

Web履歴書は一度作っておけば使い回しができるので、最初に作ってしまってもいいですね。

書き方が不安に感じる場合は、転職エージェントの担当者に添削を依頼しましょう。

職務経歴書を作ろう

次に、職務経歴書を作っていきましょう。

・今までの仕事内容

・自分が担当した仕事

・自分が得意とする技術

上記のように、自分が今まで行った仕事の内容や担当したことを書いていきます。

次の職場でも活かせる内容があればいいですが、ない場合でもアピールすることはできます。

・ワード、エクセルが得意

・人と話すことが得意

・コツコツ作業するのが得意

上記のように、自分の得意なことを伝えることも有効です。

自分の得意なことを、企業に対してアピールしていくようにしましょう。

求人に応募しよう

企業への提出書類が揃ったら、求人に応募してみましょう。

・5社~10社を決める

・第一希望から順に応募する

上記のように、ある程度の企業の数を決めておいて順番に応募していきます。

タイミングによっては、書類選考で落とされますが気にしなくてもOKですよ。

求人を出しているけど、他の人をすでに採用しているパターンが多いからですね。

書類選考で落ちても、気にすることなく次の求人に応募していきましょう。

面接試験を受けよう

次に、面接試験の日程を決めて実際に受けてみましょう。

実際に、面接試験を受ける場合は下記のようなポイントを意識してみてください。

・低姿勢な受け答えをする

・自信がある!という態度は出さない

・やる気があると思われる態度

上記のようなポイントを意識することで、相手に好印象を与えることができます。

企業が欲しいのは、「素直に仕事をこなしてくれる人材」です。

未経験で転職する場合は特に重要なので、参考にしてみてくださいね。

\3分で登録可能!自分に合った求人が見つかる/
マイナビに無料で登録をしてみる

人間性で勝負することで低学歴でも自分に合った仕事が見つかる

人間性で勝負することで、学歴関係なく評価してくれる職場もあるので是非とも実践してみてください。

なお、人間性は学歴と違って「自分の意識で変われる」ので大丈夫です。

・相手の気持ちを考えて行動できる

・職場の理念に従って仕事ができる

・社員の人と良好な人間関係が作れる

上記のように、高学歴よりも人間性が良いかどうかの方が重要な場合が多いです。

学歴が高くても、職場で上手くいかない人では意味がありませんからね。

相手の気持ちを考えて行動できる

相手の気持ちを考えて行動できるかどうかは、とても重要なポイントになります。

・空気を読んで発言できる

・同じ事を何度も言われない

・上司がしてほしいことを率先して動く

上記の通りですが、面接と書類だけではこれらを全て伝えることは無理です。

要するに、自分が企業へどういった印象を持たれた方がいいのかを知っていてほしいということですね。

面接だけでなくて、普段から気をつけて生活をすることで自然と身につけることができるスキルですよ。

職場の理念に従って仕事ができる

職場の理念に従って仕事ができるかどうかを、企業側は見極めようとしています。

よく勘違いしている人は、「自分は仕事ができる」と思って勝手に突っ走るパターンですね。

企業の考えに沿って、仕事ができる人材であるという印象を持ってもらいましょう。

・言われたことを素直に聞ける

・企業理念が自分に合っている

上記のように、職場の考えを元にしっかり仕事ができる事が伝わるようにしましょう。

面接試験を受ける前に、企業理念についてはチェックしておきましょうね。

他の社員と良好な人間関係が作れる

他の社員と良好な人間関係が作れることは、実は企業が最も必要とする人材であったりします。

・人間関係でトラブルを起こす

・相手に対して強い態度を取る

・話しかけにくい雰囲気がある

例えばですが、あなたが採用する側だとしたら上記のような人を採用しますか?

間違いなく、会社には必要ないと考えますよね。

逆に言うと、人間関係が良好に作れる人は採用する時にはとても重要とされるポイントになりますね。

\自信がなくても大丈夫!丁寧な面談が受けれます/
キャリアスタートに無料で申し込む

低学歴の人が仕事を探す方法まとめ

低学歴の人が仕事を探す場合は、「やり方次第」で仕事は見つかります。

・学歴を重視していない企業がある

・人間性を見ている企業が多い

・職場に馴染めるかどうかを見ている

上記のように考えている企業は多いので、自信を持って転職を考えてOKです。

自分が気にしている内容は、相手にとったら大した悩みではない場合が多いです。

学歴は簡単に変えることはできませんが、「人間性」は自分の意識だけで変えることは可能です。

まずは、他の人よりも多くの求人を見ることから始めてみてくださいね。

今回は以上となります。

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) でした。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ