楽天ポイントせどり

デルタマニュアル【初心者~中級者向け】

モノレートと同じような Amazon 販売状況確認ツールとして

DELTA tracer があります。

デルタの見方

基本的に見方などは似ているツールですが、モノレートにはない機能や

モノレートよりもデータ取得頻度が若干高いなど、メリットもあるので

こちらも使えるようにしておきましょう。

1-1・DELTA tracer とは

DELTA tracer は【拡張機能】【WEB ページ】【スマホ版】の3つから

成り立っています 。

Amazon の商品ページなどに情報を表示する機能を持つ【拡張機能】

商品名を入力して直接商品情報を確認する【WEB ページ】

PC 版と同等の情報が出先でも確認可能な【スマホ版】があります。

DELTA tracer は Amazon の販売情報を取得して、

様々な情報を表示してくれます。

【拡張機能】では、Amazon の商品一覧画面に

・リンクボタン・ASIN コード・JAN コード

・メーカー、ブランド名・規格番号

・新品最安値・中古最安値

・新品の損益分岐額・中古の損益分岐額

・Amazon 販売の在庫・カテゴリ、ランキング

上記のような情報を表示して、リサーチをより簡単にしてくれます。

【WEB ページ】の方では、商品名・コード等から検索を行い

・商品の登録情報・価格の推移

・出品者の推移・ランキングの推移

・ランキングと価格の日時別詳細推移

このような内容を表示してくれます。

この部分はモノレートと基本的には似ています。

【スマホ版】では PC 版の内容をスマホで確認する事が可能です。

では、それぞれの使い方を確認していきましょう。

1-2・DELTA tracer 拡張機能

DELTA tracer は Amazon で検索をかけた際、一覧ページ上に

商品ページ上でないと確認できない情報を表示してくれます。

拡張機能の DELTA tracer をインストール・起動した状態で

Amazon で検索をかけると、赤枠で囲った部分が表示されるように

拡大するとこのように表示されています 。

これが『DELTA tracer』の表示欄です。

まず上部に Keepa のグラフが掲載されています。

※詳細な Keepa のグラフを利用するには有料版への登録が必要です。

これにより、商品一覧画面で売れている商品、売れていない商品など

の確認から Amazon 販売の販売履歴、価格推移なども確認する事が

可能になります。

これだけでもかなり便利です。

ASIN コード・JAN コード・ランキング・Amazon 販売販売の有無

などは、商品ページへ移行しないと確認できませんでしたが

拡張機能 DELTA tracer を入れておくと、一覧表示上で確認する事

が可能になります。

更に、通常なら商品ページへ移行して

FBA 料金シミュレーターを起動しないと確認できない損益分岐額が

目安ですが一覧表示上に出ています。

これにより、一覧表示上で『この額以下で仕入れが可能なら利益になる』

という目安の金額がわかります。

[商品詳細]のボタンをクリックすると

この商品を【WEB ページ】の DELTA tracer で確認できます。

こちらの説明は後章の WEB ページ部分で解説します。

他のリンクボタンは、各サイトでこの商品名での検索ができるボタンです。

ここから各サイトでの在庫の検索などが容易にできるようになります。

1-3・DELTA tracer 拡張機能のインストール方法

まず Google chrome がパソコンにインストールされていない人は

インストールしておきましょう。 せどりには拡張機能の多さやスピード面でも有利になります。

Google chrome ダウンロードはコチラ

DELTA tracer のインストールには

Google 検索で『DELTA tracer』と検索してみましょう。

chrome ウェブストアのリンクをクリックします。

確認画面で[拡張機能を追加]をクリック

先程の青い[CHROME に追加]⇒緑の[CHROME に追加済み]に

なり画面右上の拡張機能バーに三角のようなマークが出現すれば

インストール完了です。

表示されていない、白黒になっている場合は OFF になっているので、

Google chrome 画面の右上のある点が3つある部分をクリックして、

[その他のツール]⇒[拡張機能]から ON/OFF 切り替えができるので

設定しましょう。

DELTA tracer の拡張機能は ON にしておけば、

Amazon の検索時に自動的に情報を表示してくれます。

検索した一覧画面で『売れているか?』『損益分岐点は?』などの

情報が一気に確認する事ができるので、リサーチスピードアップに

期待できます。

1-4・DELTA tracer WEB ページ

DELTA tracer の【WEB ページ】は、拡張機能とは違って

ネットページへアクセスして検索する『検索ページ』になります。

トップページに検索窓があるので、この検索窓にワードや型番、

商品コード等を入力して検索を行います。

まずは DELTA tracer を開いてみましょう。

→ DELTA tracer ←

開くとトップページが表示されますので、この真ん中にある検索窓に

商品名などを入れて検索をします。

WEB ページの DELTA tracer では、Amazon での商品価格推移や

ランキング推移を確認できるので、自分がこれから Amazon で出品

したいと考えている商品を検索するのに利用します。

一例として『ニンテンドー スイッチ』と入力して[商品を探す]をクリックするとそのワードでヒットした検索結果が表示されます。

他にも、JAN コードや型番、

Amazon のオリジナルコード『ASIN コード』でも検索が可能です。

これが検索結果の表示部分です。

1 商品名・型番・カラー(Amazon の商品名と基本同じ)

2 ASIN、JAN コード・発売日・規格番号

3 カテゴリとランキング・参考価格(定価 or 希望小売価格)

4 新品最安値・カート価格・中古最安値・Amazon 販売の有無

5 Keepa グラフ

6 掲載あり他サイトの検索

1~4は見た目そのままです。

5は Keepa グラフが表示されているので、この部分だけでも価格推移や

ランキング推移が簡易にわかるようになっています。

6の[データを取得]をクリックすると この商品を掲載している他のサイトを検索してそのサイトの販売価格を表示してくれます。

これにより

4で価格や Amazon 販売の有無を確認

5で価格推移や売れているかの確認

6で他サイトから仕入れ可能かの確認

というリサーチの一連の流れを、この一覧表示上で可能にできます。

商品画像や商品名をクリックすると、DELTA tracer の

グラフ画面に移行します。

1-5・DELTA tracer WEB ページのグラフ画面

DELTA tracer WEB ページのグラフ画面は5つの部分に分かれています。

1 商品情報部分

2 推移グラフ部分

3 ランキング、出品者、価格の日時別詳細 4 他サイトの掲載価格情報

5 Keepa グラフ

「商品情報部分」

1 商品画像

2 商品名・型番・カラーなど

3 ASIN、JAN コード・メーカーやブランド名・

カテゴリとランキ ング・参考価格

4 各サイトリンク

5 出品状態

6 各出品状態の最安値

7 各出品状態の最安値からの損益分額の目安

8 出品者状況

2の商品名をクリックすると Amazon の商品ページへ移行します。

4の各リンクをクリックすると、この商品情報で他サイトへリンクします。

[出品制限確認]をクリックすると Amazon seller central の管理画面へ移行して、ログインをすると自分のアカウントで出品可能かどうかが確認できます。

5の各出品状態をクリックすると、より詳細な出品状態を表示できます。

中古の状態など、商品によって取り扱いがない商品状態はクリック

しても表示されません。

7は6に表示されている最安値で利益計算した際に、損益の分岐と

なる額を目安で表示してくれています。

あくまでも『目安』なので100%の数字ではありませんが

この価格より安値で仕入れができれば利益が出るという目安になります。

続いてグラフの説明に入ります。

「推移グラフ部分」

1出品状態の選択

2グラフの期間選択

3各グラフ表示の表示 ON/OFF 切り替え

4平均値・送料込み価格表示の ONOFF 切り替えとグラフ上下拡大 切り替え

5価格推移グラフ

6出品者推移グラフ

7ランキング推移グラフ

それぞれ見ていきましょう。

1出品状態の選択

グラフの表示をその出品状態で表示するかを選択する部分です。

新品を選択すると新品で出品された商品の推移グラフを

中古で選択すると中古で出品された商品の推移グラフを表示します。

すべてで選択すると、その両方のグラフが表示されます。

2グラフの期間選択

推移グラフの期間を1ヶ月~12ヶ月の間で変更できます。

グラフ右上にある期間部分をクリックすると変更できます。

期間が長いとそれだけグラフも細かくなるので、直近の販売数など

を確認したい場合などは1ヶ月~3ヶ月、安定して売れているかど

うかなど中長期の確認には 6ヶ月~12ヶ月

このように使い分けていきましょう。

3各グラフ表示の表示 ON/OFF 切り替え

それぞれの表示をグラフ上へ表示数するどうかのON/OFF 切り替

えができます。

クリックして、周りが白色になっているとON 状態となります。

4平均値・送料込み価格表示の ONOFF 切り替えとグラフ上下拡大 切り替え

平均価格の表示と、自己発送出品者の送料を含めた価格でグラフを 表示するかどうかの選択部分になります。

回りが白色で ON 状態となり、送料を ON にしていると最安値を自己発送出品者が取得していた場合、送料を加味した金額でグラフ線 が表示されます。

[上下拡大]をクリックすると、グラフの上下幅が拡大されて見やすくなります。

※その際、上下に関係する数値(価格・出品者数・ラン キング数)が変わります 。

5価格推移グラフ

価格推移グラフの見方は

上下 ⇒ 値段

左右 ⇒ 日時となります。

線の色は新品出品が

ピンク ⇒ プライム出品の最安値

ブルー ⇒ カート取得価格

グリーン ⇒ 自己発送出品の最安値

薄ピンク ⇒ プライム価格の平均値

薄ブルー ⇒ カート価格の平均値

薄グリーン ⇒ 自己発送価格の平均値となります。

Amazon 販売が出品している場合はオレンジ色で表示されます。

いずれも、上部の表示部分を ON にしている場合にのみ表示されます。

それぞれのグラフ線上でマウスポインターを置くと

その時点の詳細数値が表示されます。

・価格が安定していれば、仕入れても利益が減る可能性が低い。

・価格が高騰していっていればプレ値になる可能性がある。

・価格が下落していっていれば仕入れても赤字になる可能性がある。

など、これから仕入れる商品の利益計算をするときに利用できます。

6出品者推移グラフ

出品者のグラフでは

上下 ⇒ 出品者数

左右 ⇒ 日時となります。

出品者が増えてきている ⇒ 価格競争に陥る可能性がある

出品者が減ってきている ⇒ 価格が戻る・上がる可能性や

1 出品者ごとの売り上げ数が上がる可能性がある。

などの推測に利用できます。

7ランキング推移グラフ

ランキングのグラフは

上下 ⇒ ランキング数

左右 ⇒ 日時となります。

ランキンググラフは下側が高ランクとなるので

グラフが落ちる = ランキングが上がる = 売れた

という事になります。

ギザギザが多い商品ほど『多く売れている』という事になります。

逆にランキング線がギザギザしていない商品は『売れていない』という事になります。

日時別詳細部分

この部分では、情報取得した日時ごとの詳細なデータを確認する事が可能です。

何月何日の何時頃にランキングが上下した、価格が上下した、

出品者 数が上下した

このような情報を確認する事が可能です。

他サイトの価格情報掲載部分(外部店舗価格)

この部分では、この商品が掲載されている他サイトの情報が表示されます。

右側にはカート価格との差額も表示されるので、

利益が出るかどうかの目安にできます。

商品名の下部分には掲載先のサイトが表示されていて、商品名部分

をクリックすると、そのサイトの商品ページに移行します。

その下にある Keepa グラフはより詳細な販売状況を確認する際に

利用しましょう。

他サイトの価格情報掲載部分(外部店舗価格)ですが、セールなどが

開催されている場合、表示金額と実際の販売価格に差異があること

もあるので、注意しましょう。

DELTA のみではなく、その他のツールでもこのようなことがあるので、

覚えておきましょう。もし、このことを知らずに表示金額のみを見てい

ると、利益商品を仕 入れるチャンスを逃してしまいます。

カテゴリ別ランキング

DELTA tracer では Amazon のランキングに基づいた

カテゴリ別ランキングも確認する事ができます。

トップページ左側の[カテゴリ別ランキング]をクリックすると

売れている商品を探す場合などに利用しましょう。

1-6・DELTA tracer スマホ版

DELTA tracer にはスマホアプリもあります。

出先などで商品情報を確認する際に、PCと同じ情報を確認する事が可能です。

スマホ版は android 用があります。

android は Google Play>からダウンロードできます。

ダウンロードストアで『DELTA tracer』と入力

トップ画面には検索窓があり

JANや商品名・型番などを入力して検索ができるので、出先で商品

を調べたい時などもJANなどを入力すれば

先ほどPC画面で見た情報と同じ情報がスマホでも確認可能です。

これで店舗へ行っても DELTA tracer でのリサーチが可能になります。

もちろん、スマホ版でも下部の他サイトリンクから直接仕入れサイト

に飛べるので、その場で他サイトを調べて商品を購入するということ

まで可能になっています。こちらもぜひ活用してみてください。

DELTA tracer は無料で商品の販売状況が確認できる便利なツールです。

拡張機能は入れておくだけで様々な商品情報を表示してくれますし

WEB ページはブックマークしておけば簡単に呼び出して利用する事

ができます。

まずは拡張機能をインストールして、WEB ページも

ブックマークしてしまいましょう。

スマホアプリも PC 版と同じように利用できるので、出先での

リサーチに重宝します。

モノレートで取得できていない商品情報などが DELTA tracer で

取得できる場合もあるので、モノレートと並行して利用してもいい

ですし、こちらをメインで利用するのもありです。

3・仕入れ判断

商品の仕入れ判断には出品者数の確認が必須になってきます。

商品を仕入れる際には、ライバルの数も重要なポイントです!

月 10 個売れる商品を販売するのに 1 人で売るのと

5 人で売るのでは販売数が全然違います 。

1人で売るなら月に10個売れるのに、ライバルが5人いると

1人あたり2個しか売れない計算になります。

ここの判断を誤って仕入れ個数を増やしてしまうと、なかなか在庫

が減らず FBA 納品の場合は倉庫保管手数料などもかかってきてし

います。

なので、商品を仕入れる前に必ずライバルがどれだけいるかを確認

しましょう!

その商品を出品しているライバルがどのくらいいるかを確認するに

は Amazon の商品ページにある[新品の出品]をクリックします。

(中古を出品したい場合は、ここで[中古の出品]をクリックします)

出品者一覧ページは、基本的に最安値から順に並んでいます

カートを取得している出品者が出品時のライバルになります。

カートを取得している出品者を確認する部分は、商品ページのこの

部分です。

ここに載っている出品者がカートを取得しています。

出品するときのライバルとなるのは、この出品者と同じ価格、

同じ出品形態で出品をしている出品者になります。

先程の出品者一覧だと同じ価格、同じ出品形態で2名いました

これを踏まえて仕入れ判断をしていきます!

先程の商品のライバルを調べていくと・・・

商品ページ・出品者一覧から・・・カート取得者と同価格・同出品形態が2名いる

その2名がどれだけの在庫を持っているか⇒Keepa や XDEALER での在庫確認

この商品が月に何個売れているのかを確認すれば⇒モノレート&モノゾンでの販売個数確認

自分が出品した場合にどのくらいの販売数を期待できるか

という内容がわかってきます。

ここにモノレートユーザーを見ているユーザー数を加味して、ここ

からどれだけのライバルが増えるかを予想すれば、おおよその仕入れ

個数の判断は計算できてきます 。

先程の商品はモノレートで確認すると、月50個前後売れていました

モノレートユーザーも直近で増えていないので、急激に出品者が増える

可能性は低いと判断できます。

モノレートユーザーも直近で増えていないので、急激に出品者が増える

可能性は低いと判断できます。

ここから判断できるのが、月 50 個(仮定)売れていて、現在の

ライバル在庫が 25 個くらい。

ライバルが急激に増える可能性は低いが、数人増える可能性はある。

これからリピート仕入れなどの可能性も含めると、自分が販売できるのは・・・

10個~20個くらいが妥当な仕入れ個数ではないだろうか・・・

というような仕入れ予想をたてる事ができます 。

ここにモノレートでの価格の確認を加えれば、その商品の価格・個数・

販売予測がたてられるというわけです。

この部分を確認せず、やみくもに仕入れてしまうと・・・ 売れない・

赤字になる・不良在庫が出るという事になってしまいます。

ノーミスで商品を仕入れる事は不可能に近いです。 そのため、

商品を仕入れる際は価格競争前提で商品の仕入れることになります。

仕入れ判断を行う事で売れない・赤字になる・不良在庫が出るというリスクを減らす

ことが可能になるので、仕入れ判断はしっかりと行っていきましょう!

モノレートで仕入れ判断を行う際に、ユーザー数が多い商品は価格競争や

供給過多になる可能性も高く、販売数低下などが予測できます。

モノレートは一般の人が見ないので、

観閲した人数 = モノレートを見ているライバル数

ということが言えます。

また、Amazon では販売できない商品、販売しない方がいい商品というもの

があります。

商品によっては Amazon の出品者がメーカーそのものだったりするので

注意しましょう。

モノレートの価格が動いていない商品も Amazon の出品者がメーカー

そのものだったりする可能性があるので、商品を購入する際に

確認しましょう。

4・出品制限商品の確認方法

基本的には Amazon で新規アカウントを作成した直後から

全ての商品が納品できるわけではありません。

Amazon での販売が長期間にわたり安定して継続していると

Amazon 側から信頼できると評価され、初めて一定以上の商品を

販売することが可能になってきます 。

Amazon での販売数が少ないアカウントや販売期間が短いアカウント

ほど出品規制がかかりやすく、評価が悪くなると以前は販売できていた

商品に出品規制がかかってしまう場合もあります。

商品を仕入れた後に、実は Amazon で出品できない商品だったと知った場合、

せっかく仕入れた商品が出品できない・・・ となってしまいます!

このようにならないために、まずは自分がどの商品を出品できるのかを

仕入れ前に確認することが大切です。

4-1・自分のアカウントで出品可能か事前に確認する方法[アプリ]

Amazon seller central アプリもあります。

すべての機能が利用できるわけではありませんが、スマホのカメラ機能を利用して出品可能商品かどうかを確認できたりします。

このアプリのカメラ機能で商品のバーコードをスキャンするだけで

その商品が自分のアカウントで出品可能かどうかがすぐに確認できます。

トップ画面の右上にあるカメラマークをタップするとカメラが起動

するので商品のバーコードを読み込みます

読み込みが完了すると、そのバーコードで登録された商品一覧が表示

されるので、出品したいカタログを選択して商品画像か商品名をタップします

出品制限がかかっている商品には[!]マークと一緒に[出品許可が必要な商品]

という表示が出てきます

この表示が出た商品は、このアカウントでは今現在出品できない商品

という事になります 。

出品制限中の商品を知らずに仕入れてしまうと販売機会を逃す可能性も

高くなってしまうので、商品を仕入れる前に、自分のアカウントで出品

が可能な商品かを確認してから商品を仕入れるようにしましょう!

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。