ビジネス

否定的な人は一生幸せになれない?人に期待をしない生き方を貫く意味

否定的な人は一生幸せになれません。

人に期待をしない生き方を貫く意味について解説します。

結論から言うと、相手に期待をしないと自然と否定的な発言や考えがなくなって幸せに近づきます。

本記事を読んで頂くことで、人生の考え方の参考になれば幸いです。

否定的な人は相手に期待をし過ぎている

否定的な人は、相手に期待をし過ぎている傾向があります。

実際に受けた批判とは?

私は元教員ですので、多くの批判を受けることがありました。

・教員のくせに○〇だ

・責任を持て

・教員なのに遊んでいる

他にも色々と批判を受けましたが、全てを無視して自分の人生の幸せを優先する選択をとりました。

自分の人生を良くするも悪くするも自分次第

人生を良くするも、悪くするも結局は自分次第です。

相手の責任にしたり、相手を否定していては自分の行動を改めることは出来ません。

今起こっている全てのことは、全部自分が今まで積み重ねてきた行動から起こっています。

良い意味でも、悪い意味でも自分の行動が全てということですね。

私自身も多くの失敗や後悔をしてきましたが、物事が上手くいかない時は大抵人のせいにしていました。

相手が言うことを聞かないから、自分はしっかりとした行動をしているなど、自分ではなく相手を変えさせることばかり考えていたのです。

相手は変えれないが自分は変えられる

相手の考えや行動を変えるのは難しいですが、自分の考えや行動を変えることはできます。

上手くいかない事があると、相手の責任にしたい気持ちになりますが全て自分の言動の責任として改める癖をつけていくと良いです。

相手に期待しない生き方

相手に期待しない生き方になると、自然とストレスが減ってきます。

相手を批判するということは、多かれ少なかれ期待があるからです。

他人が自分の期待以上の行動をしてくれることはどれくらいありますか?

私の30年間の人生を振り返っても、期待以上の行動をしてもらえた経験はほとんどありません。

つまり、期待するのは相手ではなく自分だということです。

楽しい人生にするのも、辛い人生にするのも自分次第です。

お金に余裕のある生活をするのも、自分次第でどうにでもなります。

相手を批判するエネルギーを自分のために使う

相手を批判するエネルギーを自分のために使います。

自由な人生にするにはどうしたら良いか

お金持ちになるにはどうしたら良いか

嫌いな人と関わらないためにどうしたら良いか

例えばですが、上記のように自分の人生が良くなる行動にだけエネルギーを使います。

他人がどう言おうと、結局は責任を取るのは自分ですからね。

実際に、私も他人のために無駄な時間を使うことは辞めました。

自分の人生を良くするために、全てのエネルギーを使う方が周囲の人も一緒に幸せになれます。

他人の目や考えを気にして生活をしてもストレスになるので、批判をしないで無関心に生きる方が私には合っています。

相手に対して否定的な言葉を使うと幸せになれない理由

相手に対して否定的な言葉を使うと下記の様になります。

・心が貧しくなる

・反省して学ぶことができない

・運気が逃げていく

他にも多くありますが、代表的なことをまとめました。

実際に私も相手を否定するタイプだったので、その時は本当に良いことはなかったですね。

何かあればすぐに人のせいにしてました。

今でもたまに相手の責任にしてしまうので、気をつけなくてはいけませんね。

心が貧しくなる

否定的な言葉を使った本人は、心が貧しくなってしまいます。

自分が相手に対して言った言葉(SNS・メール含む)は、自分の心や頭に深く残ります。

自分の幸せを優先に考えない場合はいいですが、楽しい人生を送りたいと考えているなら絶対にしてはいけないですね。

逆に言えば、豊かな生活をしたければ相手に対してプラスになる言葉を伝えたらいいと思います。

反省して学ぶことができない

反省して学ぶことができなくなります。

相手を批判する=自分は悪くない

と言っているような状態なので、自分の言動を見直す考えになりません。

相手を批判することは簡単ですが、根本的な解決になることは少ないです。

なぜ、今の自分は上手くいってないのだろう?と自分に問いかけてみるといいと思います。

どうしたら自分は上手くいくだろうか?と考えられるようになると良い結果も自然に出てきます。

運気が逃げていく

運気が逃げていく一番の原因になります。

運が良い人は、マイナスになる言動や相手を批判する言動は一切しません。

自分が成功するには相手を一緒に成功させることが近道だと知っているからですね。

運が良い=日頃の行動が全てと言えます。

否定的な言葉を使わない理由まとめ

否定的な言葉を使わない理由について解説していきました。

当ブログでは、現教員の方や教員を目指している方から連絡を受けることがあります。

みなさん、考えは同じで将来に対する不安が多くあります。

私も教員を辞めた時は、多くの批判を他人から言われました。

しかし、自分の人生なので自分が生きたいように生きようと決心したのです。

批判をしている人は、自分の人生が充実していないから批判を続けています。他人が自分もしたいけど、出来ないことをすると批判したくなります。

環境を変えることを極端に嫌がる人が多いのは事実なので、批判をしている人を相手にしている場合ではありませんよ。

批判をしているヒマもないはずです。

相手を批判しないで、批判されても自分の人生や考えを貫ける人が一人でも増えてくれたら嬉しいです。

今回は以上になります。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ