投資信託

年金2000万円問題の真相とは?根拠と対策についてお伝えします

年金2000万円問題の真相について、根拠と対策についてお伝えします。

この記事を読むことで、年金とは何なの?どういった対策をとったらいいの?という問題を解決することができます。

年金2000万円問題の根拠

年金2000万円問題の根拠は、「公的年金だけでは老後に2000万円不足する」という発表が行われたことがきっかけでした。

公的年金だけでは2000万円不足する根拠

高齢夫婦無職世帯の収入と支出の平均値を出したところ、月に5.5万円足りないという結果になりました。

5.5万円×12ヶ月×30年=1980万円

上記の通りですが、65歳から95歳まで年金をもらうことを計算すると約2000万円不足します。これが公的年金だけでは、2000万円足りないという根拠です。

私たちは、公的年金だけを期待していては老後豊かな生活を送ることは難しくなります。

そのために、今私たちができることは何があるのか考えて行きましょう。

年金には公的年金と私的年金の2種類がある

年金2000万円問題を解決するためには、公的年金と私的年金について理解をしておく必要があります。

〇公的年金

・国民年金(会社員・自営業)

・厚生年金(会社員のみ)

〇私的年金

・投資信託

・積立NISA

・Ideco…その他多数

上記の通りですが、公的年金と私的年金の違いをはっきりと理解しましょう。

公的年金とは?

公的年金は会社員は国民年金・厚生年金の2つを収めることができますが、自営業の人は国民年金しか収めることができません。

従って、会社員の人は自営業の人に比べて多くの年金を収めているのでもらえる金額も多くなります。

しかし、公的年金だけでは2000万円不足するので補うために「私的年金」の勉強をしていかなくてはいけません。

私的年金とは?

私的年金とは、自分自身で投資する先や積立していく先を選んでいくことです。

代表的な例としては、投資信託・積立NISA、Idecoなどがあります。

毎月一定の金額を決めて、リスクを抑えて積立投資で資産を増やしていく方法が一般的です。

しかし、近年では日本の積立投資では良くても年利3%で、半数近くの人がマイナス運用益になっているという現状があります。

年金とは何のためにあるのか?

ここまで説明をしてきて、年金とは何のためにあるのかということをお伝えしていきます。

下記の項目の中で、年金に一番近い項目をを考えてみてください。

・積立貯蓄

・生活保護

・保険

上記の3つの項目のうち、年金は「保険」に近いと言えます。

その理由は、下記のようになっています。

・積立貯蓄(積立したお金を自分で使う)

・生活保護(働けない貧しい人を救う)

・保険(リスクに備える)

上記の通りですが、金=リスクに備えるという意味を持っています。

ここでのリスクは、長生きするリスクに備えなければいけないという意味になります。

長生きするリスクとは何か?

長生きするリスクとは、近年平均寿命が伸びていることから私たちは更に長生きする可能性(リスク)を持っています。

年金2000万円問題の計算方法を思い出してみると、65歳から95歳までの30年間生きた場合でした。

しかし、仮に私たちが更に20年間長生きしたらどうなるでしょうか?

5.5万円×12ヶ月×50年=3300万円

上記のように、更に長生きしてしまうと老後のお金は3300万円必要となります。

3300万円は長生きした場合に、最低限必要な金額(多少貧しい生活)という理解を持つ必要があります。

長生きするリスクを適切に理解をした上で、私たちが「今からやるべきこと」を真剣に考えていかなくてはいけません。

年金は何歳からもらえる?

次に、年金は何歳からもらえるの?という疑問と考え方についてお伝えしていきます。

年金がもらえる年齢は、60歳から70歳の間で選ぶ事ができます。普通に考えたら選べるのなら60歳からもらった方がいいに決まっている。と考える方が多いでしょう。

結論から言うと、年金は繰り下げてもらった方がお得になるという考えが正しいです。

年金をもらう年齢を1年繰り下げることで、毎月もらえる金額(正確には2ヶ月に1回)が数パーセント上がります。

70歳まで繰り下げて年金を受給した場合、42パーセントも増額してもらうことができるのです。

〇年金を毎月10万円もらえる人の例

・60歳で受給→毎月10万円(年間120万円)

・70歳で受給→毎月14.2万円(年間142万円)

上記の金額が、死ぬまで受給され続ける金額になります。

年金は長生きするリスクに備える意味でも、なるべく70歳で受給することをおすすめします。

そして、70歳で年金を受給するためにはどういった準備が必要か?ということを考えていかなくてはいけません。

年金2000万円問題から資金が足りるようにする方法

年金2000万円問題から資金が足りるようにするには、大きく2つの方法があります。

・働き方を変える

・私的年金と少額投資

働き方を変える

今までの働き方の考えを変えることを、考えていかなくてはいけません。

今までの働き方は、下記のようになります。

・3ステージ制

①教育(小学校~大学生)

②仕事(社会人~60歳)

③引退(60歳~死ぬまで)

上記の通りですが、人生100年時代と言われている現在では「3ステージ制」の考え方では資金が足りなくなる可能性が非常に高いです。

従って、3ステージ制→マルチステージ制へ考え方をシフトする必要があります。

Q.マルチステージ制とは?

A.働き方を複数にして長くすること

上記の考え方にシフトしていくことで、収入源が複数になり「自分でお金を稼ぐ力」を身に付けることができます。

具体的な行動としては、副業をしたり今とは別の職種の仕事に挑戦して仕事の幅を増やすことです。

現在のままの仕事だけでは不安だと感じるのであれば、何か新しいことをするための勉強や行動をしていく必要があります。

私的年金と少額投資

次に、私的年金と少額投資をしていくことで資産を積み上げていく考え方です。

年金2000万円問題を解決するために一番重要なのは、公的年金にだけ頼るのではなくて私的年金で資産を形成していくことを考えなければいけません。

・公的年金=保険

・私的年金=積立貯蓄や投資

繰り返しになりますが、同じ年金でも公的年金と私的年金は分けて考えるとどういった行動をしていけば良いか見えてきます。

具体的な行動は、数多くある私的年金の中から最も自分に合った投資先を見つけて投資をすることです。

しかし、最初から投資をすると言っても何をどうしたらいいかわからないですよね。

少しずつでいいので、私的年金と少額投資について勉強をしてみることをおすすめします。

年金2000万円問題まとめ

年金2000万円問題について、年金の仕組みから対策までをお伝えしました。

今後は豊かな老後を過ごすためには、60歳を超えてからの生活が大きく変わってくることが予想されます。

〇一昔前の老後

・60歳で仕事引退→公的年金で生活

〇これからの老後

・60歳でキャリアチェンジをする(70歳まで老人ができる仕事をする)

・60歳から私的年金を利用する(70歳まで積立した私的年金で生活)

・70歳から公的年金で生活をする

上記のように、今後は豊かな老後を迎えるためには若いうちから準備をしていく必要があります。

60歳になってから、金銭的に不安があるから何かを始めようと思って何ができるでしょうか?

今まで積立をしたお金や経験がなければ、確実に貧しい老後が待っています。

少しでも、お金にゆとりのある老後にしていくためにも「私的年金」についてしっかりと考えて行きましょう。

今回は以上となります。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ