育児

生後2ヶ月で旅行はあり?赤ちゃんと一緒に行った方が良い5つの理由

生後2ヶ月の赤ちゃんと一緒に旅行へ行った方が良い5つの理由について紹介します。

生後2ヶ月ではしばらく旅行には行けない!

という話を良く聞きますがそんなことはありません。

むしろ生後2ヶ月経った今こそ遠出や旅行に出かけるチャンスなのです。

やりたいことを、「子供が産まれたから」という理由で辞めるのはもったいないです。

この記事でわかること!

・生後2ヶ月の赤ちゃんを遠出や旅行に連れて行くべき理由

・赤ちゃんを旅行に連れて行く注意点

・母子の旅行前の健康管理方法

・まとめ 

上記の内容を、体験談を元に紹介させていただきます。(3分程度で読み終わります)

育児中の人には、今を楽しんでもらうための情報になります。しばらくの間お付き合いください。

旅行に行く時は、行きたい場所や宿泊プランに合わせて旅行会社を決めることをおすすめします。

目的に合った旅行会社を選んで、楽しい思い出を作れるようにしましょう。

生後2ヶ月で旅行に連れて行く理由とは?

生後2ヶ月の赤ちゃんを、連れて遠出や旅行に行くか迷っている人は多いはずです。

答えは「時間とお金が許す限り連れて行こう!」です。

由については、下記のようになります。

・離乳食が始まる前だとミルクで完結する

・動き回るようになると大変

・我がままを言わない

・電車や新幹線の移動が楽&無料になる

・旅費が子供に対してほとんどかからない

上記の理由から、生後2ヶ月でも旅行を検討していきましょう。下記より5つの理由を解説していきますね。

離乳食が始まる前だとミルクで完結する

赤ちゃんの離乳食が始まる前に旅行に行くことをおすすめします。

ミルクや母乳の場合は、基本的いつでもどこでも飲ますことができます。

車や電車で移動する場合はお湯をコンビニや駅などでもらうこともできます。

最近は大型ショッピングモールには必ず授乳室が完備されています。

子連れでも遊びに行くことができる環境は整っています。

哺乳瓶とミルクの粉があればどうにでもなります。

最悪忘れた場合は購入することもできます。子育て中でも気軽に旅行に出かけましょう。

動き回るようになると大変

赤ちゃんが成長していくと動き回るようになります。

赤ちゃんが動けるとめちゃくちゃ大変です。

生後2ヶ月の赤ちゃんはたまにミルク飲ませて、オムツを変えてあげればOKです。(細かいお世話はもちろんあります)

抱っこしていれば泣くことはあっても、歩いてどっかに行ってしまうことはありません。

動き回らない今がチャンス!ということです。

我がままを言わない

子供が成長してくると自我が芽生えてきます。

子供の成長は親にとっては嬉しいことです。

しかし、旅行に行くなら自我が芽生える前に行くべきでしょう。

子供は旅行に連れて行くと必ず我がままを言います。

慣れない環境に行くことで疲れますし、トラブルも多くなります。

生後2ヶ月の赤ちゃんであれば、唯一言う我がままは「ミルクが欲しいオムツを変えて欲しい」くらいです。(眠くて泣く場合もありますが)

子育てをしながら旅行も楽しめるので一石二鳥です。

電車や新幹線での移動が楽&無料になる

電車や新幹線の移動は、生後2ヶ月だと楽になります。

小学生未満は基本的に無料なので使わない理由はないです。

子供が大きくなると無料と言っても、子供の面倒を見るのが大変になります。

生後2ヶ月でも泣くと大変ですが、寝ていれば楽に移動することもできます。

旅費が子供に対してほとんどかからない

旅費が子供に対してほとんどかからないという、大きなメリットがあります。

生後2ヶ月の赤ちゃんにかかる費用は主にミルク代オムツ代です。

これは家にいても旅行に行ってもかかる費用です。

つまり家にいても旅行に行っても、赤ちゃんに対するお金はほとんど変わらないのです。

子供が成長すると、外でご飯を食べる場合も余計にお金が必要です。

生後2ヶ月の赤ちゃんはミルクがあれば大喜びですから安心ですね。

\格安ホテル多数!早めの予約で更にお得になる/
るるぶトラベルで国内格安ホテルを見てみる

生後2ヶ月で旅行に連れて行く際の注意点

赤ちゃんを旅行に連れて行くことは注意する点がいくつかあります。

最悪の事態や何かトラブルに合った時に柔軟に対応できる準備が必要です。

・荷物が増える

・急な体調変化の恐れがある

上記の項目は、特に注意が必要です。順番に解説していきますね。

荷物が増える

赤ちゃんを連れて行くことで荷物が増えることは頭に入れておく必要があります。

荷物が多くなると旅行は大変なので必要最低限の荷物にしましょう。

赤ちゃんの荷物を減らすのは難しいので、大人の荷物を減らすことを考えるべきです。

例えば下着は旅行先で使い捨てできるものを持って行く」などです。

旅行の荷物は考え方でいくらでも減らすことができます。

なるべく荷物の少ない旅行で楽に楽しみましょう。

急な体調変化の恐れがある

急な体調変化に対応できる準備をすることをおすすめします。

旅行に行く時は母子手帳保険証必ず持って行くようにしましょう。

もし定期的に飲む薬があれば忘れずに持って行きましょう。

宿泊する場所や旅行先の近くにある病院をリサーチしておくの一つの手段です。

旅行は多かれ少なかれトラブルが起こるので、最悪の事態を常に想定しておきましょう。

\お得な旅行プラン多数!子供連れでも安心/
JTBでお得な旅行プランを見てみる

生後2ヶ月の旅行前に母子の健康管理は必須

次に、生後2ヶ月の旅行前に母子の健康管理方法をお伝えしていきます。

○ママの健康管理○

・普段の生活に支障がないかどうか

・食事を食べれるようになっているか

○赤ちゃんの健康管理○

・母乳だけでなくミルクも飲めるか

・温度変化に対応できるか

上記のように、母子の健康管理をしていくことで旅行中のトラブルを防止することができます。

母子共に健康でないと旅行に行くことは難しいので、必ずポイントは抑えておいてくださいね。

ママの健康管理

旅行に行く前に、ママの健康管理をしておかなくてはいけません。

・出産後の身体へのダメージ

・慣れない子育てからのストレス

上記のように、出産を終えたからと言って完全に身体は元に戻っていません。

最低でも、普段の生活に支障がなくて食事が食べれる状況になっている必要があります。

赤ちゃんの健康管理

赤ちゃんの健康管理は、一概には言えませんが最低限考えてほしいポイントをお伝えします。

・母乳だけでなくミルクも飲めるか

・温度変化に対応できるか

上記の2つのポイントは、旅行の際に非常に重要になります。

旅行の際は、家の中とは違っていつでも「母乳」をあげれる状態とは限りません。

移動中などには、母乳よりもミルクの方が場所を選ばずに飲ませてあげることができます。

また、季節によって赤ちゃんの温度変化への対応も考えていかなくてはいけません。

・夏→暑さ対策をどうするか

・冬→寒さ対策をどうするか

上記のように、旅行に行く時期によっては温度変化の対応方法を考えなくてはいけません。

旅行の計画の際には、事前に現地の天気予報や気温を調べておくといいですよ。

もう少し大きくなれば、海外旅行に行くことも可能です。

実際に、海外旅行に行った時の記事を書いているので大きくなったら参考にしてくださいね。

参考記事→生後6ヶ月で海外旅行(韓国)に行きました!初めての飛行機デビュー

生後2ヶ月の旅行まとめ

生後2ヶ月で旅行はあり?赤ちゃんと旅行に行くべき5つの理由について紹介しました。

育児中だけど旅行に行こうか悩んでいる人は、間違いなく行った方が良いです。

旅行に使ったお金は仕事をして取り戻すことはできます。

しかし、今の大切な時間は今しかないのです。

おそらく旅行に行って後悔することはないはずです。

旅行に行かないで、あの時行っておけば良かったと後悔しても時間は返ってきません。

私は生後6ヶ月の時に、海外旅行も経験したので参考にしてもらえたらと思います。

参考記事→生後6ヶ月で海外旅行(韓国)に行きました!初めての飛行機デビュー

今回は以上になります。

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) でした。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ