節約術

3人家族の生活費はいくら?生活のコツを3つ紹介します

3人家族のご家庭では生活費はいくらかかっているでしょうか?

現在3人家族の方はもちろん、これから3人家族になるという方にとってもどれ位お金がかかるかを知っておくことで準備ができます。

我が家は0歳児と30代夫婦の3人暮らしで共働きです。

妻が長女の妊娠・出産のために産休・育休をとった事で家計状況を見直さなくては!と少々焦り気味になり毎月の生活費を見直すきっかけとなりました。

それではさっそくみていきましょう。

3人家族の我が家の生活費を公開

子供が0歳時点での生活費は173,000円でした。また、その内訳は以下の通りです。

保険や教育費については少々高めかと思いますが、貯蓄性のあるものなので今の所問題視していません。

品目支出
家賃62,000円
食費40,000円
水道・光熱14,000円
通信費7,000円
日用品7,000円
5,000円
教育費14,000円
保険・医療19,000円
教養・娯楽5,000円
衣服9,000円
その他30,000円
合計212,000円

記載されていない細々した支出は「その他」とさせて頂きました。

それでは、内訳についてもう少し詳しくみていきます。

3人家族の生活費を下げるために気をつけていること

家族3人での生活ですが、これから子供の成長に伴い出費が多くなる事が予想されます。

そのために、夫婦で共通して気を付けている点や節約したいポイントがあります。これは家族によって違うと思いますので、「こんな考えもあるんだなー」程度にご覧いただけると嬉しいです。

家賃を下げる

我が家は、家族3人で2LDKの積和不動産の賃貸を借りていますが、家賃も安くてキレイなのでお気に入りの物件です。

上記の表でもお伝えしていますが、駐車場代1台分を入れて57,000円と破格の安さです。

積和不動産の物件で、築10年程度なので文句のつけどころがありません。

しかし、生活費の半分ほどは家賃で消えてしまうのが現実です。

家族3人で生活費を下げるのであれば、家賃を下げることは絶対条件です。

通信費は定期に見直し

通信費は生活費の中でも、一番無駄になりやすいので注意が必要です。

・何となく大手キャリアを使っている

・乗り換えのタイミングがわからない

・他の会社が信用できない

上記のように、理由が曖昧で通信費を無駄に支払いしている人が多くいるのです。

通信費は最も簡単に、生活費を下げることができるのですぐに実践してもらいたいです。

例えば、私はソフトバンク→Yモバイルに乗り換えて金額がかなり安くなりました。

○ソフトバンク○

・私→月8,000円

・妻→月8,000円

・ソフトバンク光→4,000円

・合計→2万円

○Yモバイル○

・私→月1,500円

・妻→月1,500円

・ソフトバンク光→4,000円

・合計→7,000円

上記のように、毎月13,000円という生活費を下げることに成功しました。

補足としてお伝えしておくと、Yモバイルはソフトバンク回線なので通信速度が遅いということはありませんよ。

\破格の料金プラン!今のスマホがそのまま使える/
ワイモバイルで料金を下げてみる

食材はコープを使用

我が家では、食費を下げるため(あるいは管理するため)にコープを使わせてもらっています。

インターネットで注文をして、1週間分の食材を購入して配達までしてくれるサービスになります。

  • 子育て支援で送料が無料
  • 1週間分で金額を決めて注文
  • 無駄な買い物がなくなる
  • 買い物に出る手間がない

上記のように、食費を下げるためにコープを使用しています。

子育てをしながら買い物をするのは大変ですよね。

コープなら無料で配達をしてくれて、なおかつ毎週の食材を計算しながら買い物が可能です。

どんな食材があるの?という方は無料で資料請求してみてくださいね。

\食材を配達してくれる!無添加食材のみ/
コープ食材の資料を無料でお願いしてみる

一家に車は1台

我が家では、車を2台から1台に減らすことにしました。

理由としては、家族3人で生活するには費用が高くなるからですね。

賃貸に住んでいる理由も、どちらか一人は車通勤をしないためです。

車は便利ですが、家族で2台所有することで固定費は莫大な金額になります。

・固定資産税

・車検費用

・点検費用

・修理費用

・保険費用

・ガソリン代

上記のように、車を1台所有すると年間何十万と必要になります。

車のローンがあれば、更に利子を払う必要がありますね。

車は贅沢品なので、一家に1台でOKですよ。

3人家族の節約のコツ3つ

家族3人の生活費を下げる方法3選を、実体験から解説します。

・家賃を安くする

・通信費を下げる

・外食を避ける

上記のように、家族3人であれば簡単に生活費を下げることが可能です。

多くの人は、お金の不安があるから収入を増やしたいと考えますが「出費を抑える」ことを最優先に考えるべきでしょう。

家族3人であれば、生活費を最低限にしてお金を貯めることを考えていくと楽になります。

我が家は、家族3人で生活していますが生活費はかなり抑えている方だと思います。

できる限り真似をしてみて、お金に余裕のある生活にしていきましょう。

手っ取り早く実践できるのは、通信費を下げる(格安スマホにする)ことです。

現在の料金プランと比較してみると、金額の違いにビックリしますよ。

\破格の料金プラン!今のスマホがそのまま使える/
ワイモバイルで料金を下げてみる

 

次に、家族3人の生活費を抑える3つの方法を実際にやってみましょう。

全て実践してほしいですが、可能な限り取り入れてみてくださいね。

家賃を安くする

生活費を下げるためには、鉄板中の鉄板なのが「家賃を下げる」ことです。

持ち家を持っている人もいるかもですが、今回は賃貸に住んでいる方目線での内容です。

・家賃はできる限り下げよう

・目安は5万円~6万円

・家は住み替える事を想定

上記のような考えでいれば、家賃だけでも生活費はかなり抑えられるはず。

都会に住んでいる人は難しいかもですが、仕事を変えて一緒に引っ越しするのもありですね。

通信費を下げる

通信費を下げる方法は上記で説明しましたが、格安スマホに変えるだけなのですぐにでも実践可能です。

大手キャリアを使う理由がなければ、格安スマホに変えてしまいましょう。

外食を避ける

外食を避けることで、生活費を大きく下げることができます。

2019年10月から、外食の税金は8%から10%に変わることも大きな理由ですね。

できる限り、外食ではなくて家で食事をすることをおすすめしますよ。

\破格の料金プラン!今のスマホがそのまま使える/
ワイモバイルで料金を下げてみる

 

3人家族のその他の節約方法

定期的な節約とはなりませんが、実際に行った方法で節約につながった方法をお伝えします。

夫婦で一つの財布

結婚した当初は共働きという事もありそれぞれが財布を持っていました。私が住居費と水道光熱費を、妻が食費や雑費を担当し、残りのお金は各自で自由に所持するというやり方です。

自由に使えるお金がそれぞれあるので、収入も貯金額もノーチェクになっていました。それがかえって浪費につながっていたため貯金も出来ないまま。

家計管理を共同にすることで以前の様な浪費が少なくなりました。タイミングをみて「夫婦1つの財布」にする事をおすすめします。

3人家族の生活費を下げる方法まとめ

家族3人で生活費を下げるのは、工夫次第でどうにでもなります。

実際にお金に余裕がない人は、生活費を下げる工夫や行動をしていない場合がほとんどです。

学生時代にも、国数社理のように勉強をした訳ですから「お金」の勉強も同じようにやっていく必要があります。

しかし、「お金」の知識は自分から情報を取りにいかないと有益な情報はありません。

お金の問題は、今後も大きく変化をしていくので時代の流れに取り残されないようにしていきましょう。

今回は以上となります。

30代サラリーマンブロガーりょっぺ(@ryoppe0711) でした。

・通信費を下げる→Yモバイルの料金プランを確認する

・食費を下げる→コープで無添加食材を配達してもらう

・外食を避ける→できる限り家で食事をする

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ