転職

仕事で疲れる人の3つの特徴とは?改善する9個の対処法を解説!

仕事で疲れると悩んでいる方は、非常に多いです。

毎日の仕事が忙しかったり、職場での人付き合いが上手くいかなかったり、嫌な雑務をさせられたりと多くの理由があります。

本記事では、仕事で疲れると悩む人の特徴をお伝えしつつ、改善するための対処法を体験談を元にお伝えします。

仕事で疲れる人の3つの特徴とは?

仕事で疲れてしまう原因はさまざまですが、一般的な特徴を紹介します。

自分に当てはまっている項目があるか確認してみて、改善策を合わせて参考にしてもらいたいです。

・真面目に働き過ぎる

・残業時間が長過ぎる

・職場が自分に合っていない

上記の通りですが、仕事で疲れる人の特徴は多くの人が該当している可能性があるのが現状ですね。

仕事で真面目に働き過ぎる

日本人が特に多いのが、仕事で真面目に働き過ぎて疲れてしまうケースです。

真面目に働く事は悪い事ではないですが、頑張り過ぎて精神的にも肉体的にも消耗していては良い成果も出ません。

海外旅行に行ってみるとわかりますが、外国人はわりと適当に働いていますが楽しそうに仕事をしています。

会社に不利益を与える行動はダメですが、もっと適当に仕事をする(手を抜く)ことを考えてみるのもありですね。

残業時間が長過ぎる

残業時間が長過ぎることで、仕事で疲れてしまう原因になっている可能性があります。

下記の内容は、私の実体験の内容になるので参考にしてみてください。

・転職前→月残業60時間

・転職後→月残業3時間

上記の通りですが、転職前後で残業時間がかなり変わりました。

説明不要かもしれませんが、残業60時間の時は毎日疲れとストレスを感じていました。

転職をした後は、残業時間が減ったことで疲れもストレスもない毎日を過ごすことができています。

職場が自分に合っていない

職場が自分に合っていない場合だと、仕事の負荷に関わらず疲れてしまう原因になってしまいます。

・人間関係が合わない

・業務内容が合わない

・空気感が合わない

上記のように、職場が自分に合わない原因があるなら疲れは日々蓄積されていきます。

特に人間関係が合わないと悩んでいる方は非常に多いので、仕事に行くだけで疲れてしまいます。

仕事で疲れる人が会社内で改善する4つの対処法

仕事で疲れる人が、会社内で改善する5つの対処法について紹介します。

全てを実践する必要はないので、自分でもできそうと感じた事を実践してみてください。

業務内容の見直しを上司に申し出る

業務内容の見直しを上司に申し出ることで、自分への負担を軽減することができます。

あなたが抱えている仕事を上司が全て把握している可能性は少ないはずなので、自分の仕事内容を伝えた上で業務を見直してもらいましょう。

・上司に相談を申し出る

・業務内容を伝えて見直しを依頼

・業務が負担になっている理由を伝える

上記のように、上司に相談するという形で伝えてみましょう。

業務内容が見直しされたら、仕事の負担は確実に少なくなるはずです。

所属部署の異動を上司に申し出る

現在の所属部署に不満がある場合は、異動希望を上司に申し出る方法もあります。

環境を変えたいけど、転職をする勇気がない人には部署異動はとてもおすすめです。

しかし、職場によっては人員の関係で異動に応じてもらえない場合もあります。

私の経験から、上司に申し出る方法を参考にしてみてください。

・部署異動の意思を伝える

・部署異動の理由を明確に伝える

・上司の判断を待つ

上記のような流れになりますが、特に大事なのが「部署異動の明確な理由」ですね。

部署異動の理由が明確で、上司が動かないと問題になりそうと判断してもらうことが大切です。

現在の部署で人間関係が上手くいっていない、先輩から威圧的な態度をされているなど、自分の状況をわかりやすく伝えてみましょう。

残業時間を短くする

残業時間を短くすることで、仕事への負担を軽減させましょう。

仕事で疲れる特徴の部分でも解説しましたが、残業時間は長ければ長いほど疲れは蓄積されます。

あまりにも残業時間が長い場合は、最初の対処法でお伝えした「業務内容の見直し」と合わせて残業時間の相談もしてみましょう。

お昼休みの時間を有効活用する

お昼休みの時間を有効活用することで、仕事の疲れを癒す効果があります。

・一人の時間を作る

・15分程度の仮眠をする

・好きな音楽を聴く

上記のように、お昼休みの時間は自分の好きなことをするための時間に使いましょう。

リフレッシュ効果が高ければ、仕事の疲れが軽減されるので自分なりのお昼休みの過ごし方を見つけましょう。

仕事で疲れる人がプライベートで改善する5つの対処法

仕事で疲れる人が、プライベートで改善する6つの対処法について紹介します。

会社以外での過ごし方を変えるだけでも、日々の疲れは大きく軽減されるので自分に合った方法を見つけるための参考材料としてください。

無駄な飲み会に行かない

無駄な飲み会に行くことで、自由な時間を使うことは避けましょう。

自分にとって成長できる環境ならいいですが、会社の愚痴を言ったり、慣れ合いの飲み会には行く意味はありません。

・時間→3時間

・お金→5,000円

上記の通りですが、無駄な飲み会は時間とお金を捨てているようなものです。

お金と時間に余裕のある人はいいですが、多くの人は余裕がないはずです。

貴重な時間とお金の使い方は、自分がやりたいことや、楽しいと思うことに使いましょう。

家族や友人と旅行に行く

家族や友人と旅行に行くことで、心身ともにリフレッシュさせましょう。

最近は一人旅が好きという人も多いので、どちらでもいいと思います。

旅行に行く際におすすめなのが、「行ったことがない場所に行く」ということにチャレンジしてもらいたいです。

新しい場所に行くことで、新たな発見が産まれて、旅行を通して達成感を得ることができます。

時間とお金を使う価値がある旅行にするためにも、「どこに行くか」は最重要になりますよ。

映画鑑賞を自宅でする

映画鑑賞を自宅ですることで、お金をかけないで楽しむことができます。

・DVDを借りる

・アマゾンプライムで映画を探す

上記のように、ほとんどお金をかけない状態でも映画鑑賞を楽しむことができます。

お金をかけても良いという人は、映画館に行ってみるのもいいですね。

自分が楽しいと感じる時間を作ることが大前提ですので、是非とも実践してみてください。

新たな趣味を見つける

新たな趣味を見つけることで、仕事以外の生きがいを持つ事が出来ます。

仕事以外に生きがいがあると、自然と身体が疲れにくくなり、疲れないように努力をするようになります。

趣味がないという方でも、新たなスポーツをしてみたり、普段聴かない音楽を聴いてみたり、何でもいいのでやってみましょう。

運動やストレッチ体操でリフレッシュをする

適度な運動やストレッチ体操を行うことで、心身ともにリフレッシュすることができます。

過度な運動やトレーニングはおすすめできませんが、身体に負担をかけ過ぎないように意識すると「疲れにくい身体」になります。

疲れにくい身体になると、健康的な生活が送れるだけでなく、充実した毎日が過ごせるようになります。

仕事で疲れる人は原因と対処法を整理しよう

仕事で疲れる人は、自分自身の原因と対処法を整理してから行動を起こすようにしましょう。

・仕事で疲れる原因を考える

・自分に適した対処法を実践する

上記のように、原因と対処法さえわかれば仕事で疲れ果てる日常から抜け出すことが出来ます。

仕事で疲れる原因は「真面目に働き過ぎる」からなので、対処法として「新たな趣味を探す」という行動を取ってみます。

真面目に働くよりも、自分の趣味の時間を増やしたいという新たな考えに変化するかもしれません。

原因を考えて、対処法を実践してみると解決策が見つかる可能性が高いので、参考にしてもらえたら幸いです。

ABOUT ME
りょっぺ
「安心して」「豊かな」「自由な」生活の実現を目指しています。教員からの転職を経験したことで、人生が大きく良い方向に変わりました。 転職・副業・ダイエットを中心に、読者の方にとって有益な情報発信をしていきます。
こちらの記事もおすすめ